たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

 陸奥教区本部(千葉亮賢教区本部長)では、平成27年11月月8日に岩手県平泉町の平泉小学校体育館を会場に「一隅を照らす運動震災復興祈念陸奥教区大会」を開催し、檀信徒ら約500名が参加した。
 大会ではまず、「東日本大震災物故者慰霊・復興祈念法要」が千葉教区本部長御導師のもと執り行われ、参加者全員で『観音経』をお唱えするなど、会場は厳かな空気に包まれた。
 続いて、千葉教区本部長の挨拶、横山照泰同運動総本部長より祝辞が述べられた。
 講演では、講師に延暦寺一山円竜院住職の宮本祖豊師を迎え、「覚悟の力」と題して講演された。自身の出家得度の経緯や「十二年籠山行」、20年にも渡る比叡山での修行の日々を話された。
 宮本師は自身の経験から、「生きていく上で壁が生じる時がある。そこで更に一歩を踏み出して、乗り越えていただきたい」と参加者へ力強く訴えていた。
 また、津軽三味線奏者の渋谷幸平氏による演奏が行われた。東北地方の歌を披露され、会場からは口ずさむ声も聞こえてきた。
 最後に、陸奥教区本部から平泉町社会福祉協議会と同運動総本部へ寄付の贈呈が行われ、今大会は盛会のうちに幕を閉じた。

滋賀教区一隅を照らす運動推進大会

滋賀教区一隅を照らす運動推進大会

滋賀教区本部(山岡智恢教区本部長)では、平成27年10月31日に大津市堅田の大津市北部地域文化センターを会場に、滋賀教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約240名の参加者が集まった。
大会は山岡教区本部長御導師による法楽で幕を開けた。開会式では、今年度支部活動助成金の認定を受けた支部に横山照泰一隅を照らす運動総本部長より支部活動助成金認定証が手渡され、併せて祝辞が述べられた。
大会では、一隅を照らす運動副理事長でもある小堀光實延暦寺執行が「伝教大師様の御心とともに」と題し講演された。
小堀師は、自らの体験を交え「心は見えないが、行動により心の動きが分かる」と語り、また「人の辛さは、『思いやり』と言うヤリ一本で幸せになる」と参加者に問いかけ会場を笑顔にしていた。
続いて記念公演として、福島教区圓明院法嗣泉智仁師により「今を未来に」と題し、東日本大震災により被災した自らの想いが語られた。和太鼓奉納公演では、叡山学院同窓生有志の声明とともに披露された。
参加者は、震災により絶望の淵から立ち上がった泉師の力強い和太鼓の響きに心を打たれていた様子であった。大会最後に、横山照泰一隅を照らす運動総本部長と泉智仁師に浄財が寄託され、教区副所長の安蔵玄周師の挨拶で大会の幕が閉じられた。

第15回 一隅を照らす運動公開講座

第15回 一隅を照らす運動公開講座

 一隅を照らす運動総本部では平成27年10月30日、天台宗務庁大会議室を会場に第15回・一隅を照らす運動公開講座を開催した。広く一般の方々に参加を呼びかけ、約250名の参加者が集まった。
 今回は、天台宗海外寺院インド禅定林住職のサンガラトナ・法天・マナケ師を講師に迎え、「インドの一隅(ひとすみ)から世界を照らす」と題して講演された。
 約1時間の講演の中で、サンガラトナ師が幼少期に来日して修学された話や、インドに戻ってからの活動についての話など、自身の実体験をもとに話をされ、普段なかなか聞くことのできない話に参加者は耳を傾けていた。
 講演終了後は、質疑応答の時間を設け、またとない機会に参加者からは多くの質問があり、会場は大いに盛り上がった。

京都教区一隅を照らす運動推進大会

京都教区一隅を照らす運動推進大会

 京都教区本部(若林節哉教区本部長)では、平成27年10月18日に京都市左京区の眞正極樂寺(竹内長敬支部長)を会場に、京都教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約150名の参加者が集まった。
 大会は若林教区本部長の挨拶で開会し、続いて、横山照泰一隅を照らす運動総本部長より祝辞があった。
 第1講では、平家琵琶奏者の荒尾努氏による琵琶の弾き語りが披露された。「敦盛最後」など、耳にしたことのある平家物語を歌にした心地の良いメロディーに参加者は聴き入っていた。
 続いて実践布教の場として、天台宗中央布教養成所研修生である兵庫教区斑鳩寺副住職の前岡靖文師による「煩悩とのおつきあい」と題した法話が行われた。法話では、「忘己利他の実践を心がけてください」と説いていた。
 第2講では、三千院門跡御門主の堀澤祖門師(同運動顧問)が「みんな幸せに」と題して講演された。
 堀澤御門主は、自身が今までに経験された事を中心に話され、参加者は興味深そうに耳を傾けていた。講演の最後には、「皆さんが本来持ち合わせている仏性に気付き、幸せになっていただきたい」と語られた。
 大会最後は、京都教区檀信徒会会長の山本喜久氏の挨拶で閉会した。

一隅フェスティバルin石巻~祈りと癒しと笑いのひととき~

一隅フェスティバルin石巻~祈りと癒しと笑いのひととき~

東日本大震災復興支援事業として、東雲寺(宮城県石巻市)を会場にお借りし、会場近隣の天台宗仏教青年会の協力を得て、「一隅フェスティバルin石巻~祈りと癒しと笑いのひととき~」を開催いたします。

期日:平成27年10月16日(金)
会場:東雲寺 宮城県石巻市

九州西教区一隅を照らす運動推進大会

九州西教区一隅を照らす運動推進大会

 九州西教区本部(甘井亮淳教区本部長)では、平成27年9月8日に佐賀県鳥栖市のサンメッセ鳥栖のホールを会場に、一隅を照らす運動推進大会・発心会を開催し、約200名の参加者が集まった。
 天台宗祖師先徳鑽仰大法会の期間中ということもあり、今大会は発心会を実施した。祖師先徳鑽仰大法会事務局が発行している『発心のおつとめ』に則り、参加者全員でお唱えし、発心を自覚した。
※発心会について詳しくは天台宗祖師先徳鑽仰大法会ホームページをご覧ください。
 発心会終了後、九州西教区安禅寺御住職の松本達淳師が「心のお掃除~三分間で心がきれいになります~」と題して法話をされた。
 法話の中で「母のことを想い『南無大師福聚金剛』と三遍お唱えしてください。そうすれば心がきれいになります。」とまとめられ、冗談を交えた法話に、参加者は熱心に聞き入っていた。
 最後は、国崎一潔同運動教区本部事務局長による閉会宣言にて大会は幕を閉じた。 関連リンク:天台宗祖師先徳鑽仰大法会ホームページ

しょうぐうさんブログを更新しました。

しょうぐうさんブログを更新しました。

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

しょうぐうさんブログを更新しました。

しょうぐうさんブログを更新しました。

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

第14回心のつどいin比叡山を開催

第14回心のつどいin比叡山を開催

 第14回「心のつどいin比叡山」(一隅を照らす運動総本部主催)を比叡山延暦寺会館で開催。7月10日、11日の1泊2日の日程で、一般公募で募った男女32名が参加した。
 詳細については「しょうぐうさんブログ」をご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

東京教区一隅を照らす運動推進大会

東京教区一隅を照らす運動推進大会

平成27年6月25日、東京教区本部(杜多徳雄教区本部長)では、浅草公会堂を会場に、一隅を照らす運動東京大会が開催され、檀信徒ら約1200名が参加した。
第一部法要では、輪王寺門跡・寛永寺住職神田秀順大僧正が大導師を務められ、叡山講福聚教会東京地方本部会員で和讃詠唱がなされ、天台聲明音律研究会、天台雅楽会仏青会員、教区部内より出仕により執り行われた。参加者は、ご詠歌、聲明、雅楽また、式衆の所作を通じてお大師様への想いを深めていたようであった。
法要に続いて神田大僧正のご挨拶、杜多徳雄教区本部長より挨拶があった。また、来賓として一隅を照らす運動総本部理事長の木ノ下寂俊宗務総長、一隅を照らす運動総本部副理事長の小堀光實延暦寺執行、一隅を照らす運動総本部の横山照泰総本部長よりそれぞれ祝辞が述べられた。一隅を照らす運動推進と祖師先徳鑽仰大法会、根本中堂改修の理解と協力が呼びかけられていた。
最後に教区本部長より教区内の一隅を照らす運動実践者に表彰状が授与され第一部が閉じられた。休憩を挟み第二部では、「南こうせつコンサート」が行われ大会に華を添えていた。第一部の厳かな雰囲気から一転、南こうせつ氏の歌唱はもちろんのこと、曲の合間のトークにも参加者は魅了され会場は一気に盛り上がりを見せた。
大会の最後に、教区副本部長の關口晃成師より閉会挨拶があり、ご詠歌、雅楽、聲明、コンサートと、音楽、リズム溢れる大会は幕を閉じた。