たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

平成30年7月豪雨災害義援金を岡山教区災害対策本部に寄託いたしました!

平成30年7月豪雨災害義援金を岡山教区災害対策本部に寄託いたしました!

~お知らせ~

 平成30年10月10日、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より、みな様からお預かりしております平成30年7月豪雨災害緊急救援募金の一部から支援金を、岡山教区災害対策本部様に寄託しました。

 支援額は以下のとおりです。

岡山教区災害対策本部・・・100万円

 みな様からお預かりいたします救援協力金は、災害支援や教育支援に活用させていただいています。
 今後とも、ご支援ご協力をお願いいたします。

平成30年7月豪雨災害義援金を天台聲明兵庫社会奉仕會に寄託いたしました!

平成30年7月豪雨災害義援金を天台聲明兵庫社会奉仕會に寄託いたしました!

~お知らせ~

 平成30年9月13日、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より、みな様からお預かりしております平成30年7月豪雨災害緊急救援募金の一部から支援金を、天台聲明兵庫社会奉仕會様に寄託しました。

 支援額は以下のとおりです。

天台聲明兵庫社会奉仕會・・・100万円

 みな様からお預かりいたします救援協力金は、災害支援や教育支援に活用させていただいています。
 今後とも、ご支援ご協力をお願いいたします。

天台宗寺庭婦人連合会が義援金を寄託

天台宗寺庭婦人連合会が義援金を寄託

 平成30年10月12日、一隅を照らす運動総本部が行っている「平成30年北海道胆振東部地震災害」への支援呼びかけに応じて、天台宗寺庭婦人連合会を代表して小林好野会長から森定慈仁一隅を照らす運動総本部長へ義援金30万円が手渡された。
 その他にも、天台宗寺院や一隅を照らす運動正会員、団体会員をはじめ多くの方々から義援金をお預かりさせていただきました。重ねて御礼申し上げます。
 なお、寄せられた義援金は総本部で配分を決定し、しかるべき関係機関に寄託し、救援のために役立てていただきます。

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

ラオス・チェンカン小学校々舎落慶・引渡式典

ラオス・チェンカン小学校々舎落慶・引渡式典

 平成30年9月27日、ラオス・チェンカン村において小学校々舎の落慶並びに引渡式典が開催された。
一隅を照らす運動総本部では、平成4年より地球救援事業の一環としてラオスの学校建設事業を行っており、仏教救援センター(BAC)が展開する学校建設事業と連携して進められている。
 今回の学校建設では、現在までに各地より集まったラオス学校建設への指定寄付を元に計画され、この度落慶の日を迎えることとなった。
 式典には、一隅を照らす運動総本部から森定慈仁総本部長が、BACから西郊良光顧問・伊藤佳通理事長・荒樋勝善事務局長が出席した。
 式典では、森定総本部長から子どもたちに向けたメッセージが披露され、続いてチェンカン小学校々長に校舎の鍵を贈呈、支援者たちからは、子どもたちに文具や玩具がプレゼントされた。
 最後にチェンカン村があるチャンパサック県プウントン郡の副教育長シーサワット氏から謝辞があり、森定総本部長に感謝状が贈呈されて式典は終了となった。 関連リンク:ラオス学校建設支援

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

 陸奥教区本部(千葉亮賢教区本部長)では、平成30年9月9日に西磐井郡平泉町の毛越寺を会場に、天台宗陸奥教区第2部檀信徒会ミニ一隅会、東日本大震災慰霊復興支援写経会を開催し、約50名の参加者が集まった。
 はじめに東日本大震災物故者追悼慰霊法要が一隅を照らす運動陸奥教区本部理事長の四竈亮澄師を導師に執り行われた。
 また、「一隅を照らす運動50周年記念仙台大会」と題して、四竈亮澄師より講話が行われた。講話の中で、一隅を照らす運動の意義・活動を解りやすく話され、会員一同は「忘己利他の心」を忘れず、一日一生のおもいで、多くの人々と苦楽を共に精一杯生き抜くことを誓う機会となっていた。
 さらに、本年10月に開催される「一隅を照らす運動50周年記念仙台大会」の話しでは、「日常生活と仏道修行」と題して講演をされる北嶺大行満大阿闍梨の藤波源信師を紹介、千日回峰行の過酷な体験談を聴けるとあって、会員一同は講演の日を待ちきれない様子であった。
 写経は「延命十句観音経」を書写し、毛越寺法務部次長藤里侑生師より写経の意義、所作、功徳を学び、震災復興を祈念し、一字一字丁寧に心を込めて書写されていた。
 東日本大震災より8年目となるが容易に復興は進んでいない上に、西日本豪雨、台風21号被害、北海道胆振東部地震と災害が続いている。本会を終えて、大勢の会員から「あらゆる災害に対して今後とも教区・一隅・菩提寺の行事を通じて物心両面の支援を行い、早期復興を願うこと、互いに日頃から防災の意識を持つことが大切である」との声が寄せられた。

福島教区一隅を照らす運動推進大会

福島教区一隅を照らす運動推進大会

 福島教区本部(故矢島義謙教区本部長)では、平成30年7月21日に郡山市のあおき郡山斎苑を会場に、平成30年度天台宗福島教区檀信徒会総会並びに一隅を照らす運動推進福島大会を開催し、約250名の参加者が集まった。
 はじめに檀信徒会総会が行われ、続いて休憩を挟み、一隅を照らす運動推進大会が開催された。講演では、京都教区妙法院住職杉谷義純師を講師に迎えて「他者と生きるよろこび-一隅を照らす-」と題して行われた。杉谷師は、「人間関係が希薄になり他者に対する無関心が増える現代において、一隅を照らす運動を通じて他者との関係を再構築し、共に生きるよろこびを感じられる社会の実現を目指すことが求められる」と語られた。

一隅チャンネル 動画追加

一隅チャンネル 動画追加

動画コンテンツ「一隅チャンネル」に、一隅を照らす 天台・京都百景の第二弾『赤山禅院 ~天子も恐れた鬼門を猿が守る~』を公開しました。 関連リンク:一隅チャンネル

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ