たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

第32回天台宗全国一斉托鉢

第32回天台宗全国一斉托鉢

 平成29年12月1日、師走の恒例行事であり、本年で32回目となる天台宗全国一斉托鉢が比叡山山麓の大津市坂本地区一帯で行われた。
 全国一斉托鉢には、延暦寺一山住職や職員、天台宗務庁の役職員、総勢約100人が参加した。
 午前9時より、法螺貝の音を合図に生源寺を出発し、森川宏映天台座主を先頭に「造り道」を托鉢行脚。その後、一行は6班に分かれて坂本界隈の戸別托鉢を行い、多くの浄財が寄せられた。
 また、天台宗務庁の役職員と延暦寺一山寺庭婦人が、JR比叡山坂本駅とJR堅田駅、JR大津京駅、京阪坂本駅にて街頭募金を実施した。
 なお、当日いただいた浄財はNHK歳末たすけあい運動とNHK海外たすけあい運動に寄託される。
 11月から12月にかけては、全国63カ所での托鉢・募金活動実施が予定され、12月1日には28カ所で活動が行われました。
 ※一隅を照らす運動総本部に報告があった数

叡山学院が托鉢浄財を寄託

叡山学院が托鉢浄財を寄託

 平成29年1月27日、叡山学院生4名が来庁し、平成29年1月21日に行った托鉢で集まった浄財を一隅を照らす運動総本部に寄託した。
 この托鉢は、叡山学院生で組織された「玉泉会(ぎょくせんかい)」主催の実践仏教の一環で「叡山学院寒行托鉢」として大津市園城寺町の園城寺(三井寺)門前から浜大津周辺にかけて行われている。
 今回は、雪の舞い散る中、学生と職員合わせて31名が街頭托鉢と戸別托鉢を行い、100,174円の浄財が寄せられた。

比叡山高校宗内生が托鉢浄財を寄託

比叡山高校宗内生が托鉢浄財を寄託

 平成29年1月23日、比叡山高校の宗内生3名と宗内生が寮生活を送る山家寮長が来庁し、平成28年12月3日に行われた「寒行托鉢」で集まった浄財90,960円を地球救援募金として、総本部に寄託した。
 この托鉢は、宗内生が実践仏教の一環として、大津市仰木地区において毎年行っているもので、黒素絹に手甲、脚絆、網代笠姿に装束を整え、法螺貝を吹きながら家々を行脚した。

三千院門跡が浄財を寄託

三千院門跡が浄財を寄託

 平成29年1月12日、三千院門跡の多紀頴忍執事長が天台宗務庁に来庁し、一隅を照らす運動総本部へ74万4,848円の浄財を寄託された。
 この浄財は、京都市左京区大原の三千院一帯で、平成28年12月23日に実施された、歳末の恒例行事である「托鉢寒行」で集まったもので、地球救援事務局の様々な救援活動に役立てられる。

NHKへ義援金が手渡される。

NHKへ義援金が手渡される。

平成27年12月4日、総本部は「NHK歳末たすけあい」と「NHK海外たすけあい」へ義援金を寄託した。
NHK大津放送局から赤木俊夫局長に来庁いただき、木ノ下寂俊一隅を照らす運動理事長、小鴨覚俊同運動理事から目録が手渡された。
歳末たすけあいには、12月1日に比叡山麓坂本地区で行われた「天台宗全国一斉托鉢」にて寄せられた浄財580,078円。
海外たすけあいには、地球救援事務局から1,000,000円がそれぞれ寄託された。
また、寄託式には比叡山幼稚園から代表して園児5名と保護者5名も出席し、秋に行われたバザーの収益金が園児たちから赤木局長に手渡された。
「歳末たすけあい」「海外たすけあい」は国内外の支援の必要な方々のために役立てられる。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

比叡山高校の宗内生が托鉢浄財を寄託

比叡山高校の宗内生が托鉢浄財を寄託

 平成27年1月26日、比叡山高校の宗内生3名(檜原亮紀君2年生、高川慈海君2年生、山崎孝宥君1年生)と教員1名が来庁し、平成26年12月7日に行われた「寒行托鉢」で集まった浄財101,541円を地球救援募金として、総本部に寄託した。
 この托鉢は、12月に宗内生が実践仏教の一環として、大津市仰木地区において毎年行っているもので、今年は宗内生11名が参加した。
 托鉢に来るのを待っていて下さるお宅もあるので、これからも続けていくとのこと。
 また、檜原君から「困っている人のために有効に活用して下さい」と横山総本部長へ寄託されると、横山総本部長からは「ありがとうございます。皆さんのお気持ちを役立てさせてもらいます」と返礼がなされた。

NHKへ義援金を寄託

NHKへ義援金を寄託

 平成26年12月3日、総本部は「NHK歳末たすけあい」と「NHK海外たすけあい」へ義援金を寄託した。
 NHK大津放送局から赤木俊夫局長に来庁いただき、木ノ下寂俊一隅を照らす運動理事長、小堀光實同運動副理事長から目録が手渡された。歳末たすけあいには、12月1日に比叡山麓坂本地区で行われた「天台宗全国一斉托鉢」にて寄せられた浄財493,379円。海外たすけあいには、地球救援事務局から1,000,000円がそれぞれ寄託された。
 また、寄託式には比叡山幼稚園から代表して園児4名と保護者4名も出席し、秋に行われたバザーの収益金が園児たちから赤木局長に手渡された。
 「歳末たすけあい」「海外たすけあい」は国内外の支援の必要な方々のために役立てられる。

第29回天台宗全国一斉托鉢を開始

第29回天台宗全国一斉托鉢を開始

 平成26年12月1日(月)、師走の恒例行事となった全国一斉托鉢が比叡山麓の大津市坂本地区一帯で行われた。
 今年で29回目を迎えた全国一斉托鉢には、延暦寺一山住職や職員、天台宗務庁の役職員、総勢約100人が参加した。
 午前9時より、法螺貝の音を合図に生源寺を出発した一行は、天台座主御名代の森川宏映探題大僧正を先頭に「造り道」を托鉢行脚。その後、一行は6班に分かれて坂本界隈の戸別托鉢を行い、多くの浄財が寄せられた。
 また、天台宗務庁の役職員と延暦寺一山寺庭婦人が、JR比叡山坂本駅とJR堅田駅、京阪坂本駅にて街頭募金を実施した。
 なお、当日いただいた浄財はNHK歳末たすけあい運動とNHK海外たすけあい運動に寄託される。

叡山学院が托鉢浄財を寄託

叡山学院が托鉢浄財を寄託

 平成26年1月30日、叡山学院生3名(余吾昌憲さん総合学科3年、小寺照哉さん総合学科2年、西野祐聖さん総合学科2年)と教員1名が来庁し、平成26年1月23日に行った托鉢で集まった浄財を横山照泰一隅を照らす運動総本部長に寄託した。
 この托鉢は、叡山学院生で組織された「玉泉会(ぎょくせんかい)」主催で実践仏教の一環として、大津市園城寺町の園城寺(三井寺)界隈で行われているもので、20数年以上続けられている。
 今年は約40名が街頭托鉢と戸別托鉢を行い、144,688円の浄財が寄せられた。
 この寄託を受けて、横山総本部長は「確かにお預かりしました。大切に活用させていただきます」と述べた。

比叡山高校宗内生が托鉢浄財を寄託

比叡山高校宗内生が托鉢浄財を寄託

 平成26年1月17日、比叡山高校宗内生4名(加島亮成君2年生、高宮顕大君2年生、吉井理峯君2年生、檜原亮紀君1年生)、教員1名が来庁し、平成25年12月8日(日)に行われた「寒行托鉢」で集まった浄財98,260円を地球救援募金として、地球救援事務局に寄託した。
 この托鉢は、宗内生が実践仏教の一環として年1回12月に、大津市仰木地区において戸別托鉢を実施しているもので、網代笠、素絹、手甲、脚絆、頭陀袋などを身につけ、特に足下は草鞋を履く。1年生ではなかなか履き慣れない草鞋も、2・3年生になると慣れてくるという。
 今年は宗内生9名が参加。1年生は今回が初めての参加で「とても寒かったです」と感想を述べた。
 また、宗内生は「天台宗のために使っていただけると光栄です」と寄託への想いを述べた。