たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

内モンゴル植林ツアーに参加

内モンゴル植林ツアーに参加

 去る5月6日から10日までの日程で、NPO法人「草原の風」主催の「内モンゴル植林ツアー」が行われ、天台宗から福惠善高総本部長をはじめ12名が参加した。今回は昨年までと違い、沙漠緑化の大切さを知ってもらおうと、宗門の比叡山高校と駒込高校に参加を呼び掛け6名の高校生がツアーに参加した。
 全参加者33名は、中華人民共和国の首都北京から西に1,000㎞の内モンゴル自治区オトクチでの植林活動、子どもたちや村人との交流を行った。
 7日には、オトクチ市街から植林地域へ移動、福惠総本部長が植林活動支援金として30万円の目録をオトクチ植林事務局副局長ムーリン氏へ手渡した。
 その後、植林場所に向かい植林を開始、集まった人々は約100名。中には、内モンゴル師範大学青年政治学院日本語科の大学生や地元の高校生も含まれていた。また、例年になく暑い中での植林作業になったが、約1000本を植林することができた。
 現場には、近代的な機器は一切なく、大きなスコップがあるのみで、約2mの柳苗木を植えるのに深さ60㎝程の穴を掘って埋めるという原始的な方法であった。
 滞在中は、シュリゲ寺院(ラマ教)参拝や内モンゴルの学生と日本の学生の交流会などを実施した。
 

みんなのとしょかんプロジェクト

みんなのとしょかんプロジェクト

一隅を照らす運動で以前に支援しました「みんなのとしょかんプロジェクト」ですが、去る3月23日に東松島市のグリーンタウン矢本にある「ひまわり集会所」にて火災が発生しました。
幸いに怪我人はなかったものの、図書館はほぼ全滅となってしまいました。
しかし、行政の対応も早く集会所が4月25日頃に再建することが決まりました。それに伴い、「みんなのとしょかん」も、ゴールデンウィークが始まる前に設置の運びとなりました。


そのため現在、みんなのとしょかんでは以下の品を再度募集しています。
・料理、手芸、手作り品の実用書
・小説(ハードカバーだと助かります)
・専門書(ビジネス、家庭菜園など)
・図書カード、商品券など

募集などの詳細は下記にご連絡下さい。

ユニ・スタッフ   栃木県足利市芳町26
          ℡0284-40-3070
          http://niccora.jp/minnanotoshokan/

インド 禅定林落慶5周年法要 パンニャメッタ学園新校舎起工式

インド 禅定林落慶5周年法要 パンニャメッタ学園新校舎起工式

インド・禅定林(サンガラトナ・法天・マナケ住職)大本堂落慶5周年法要が、2月8日、ポーニ市ルヤード村の禅定林大本堂で厳修された。
一隅を照らす運動総本部では、サンガ師が運営する「パンニャ・メッタ子供の家」や「パンニャ・メッタ学園」に支援していることから、今回の禅定林大本堂落慶5周年法要に福惠善高一隅を照らす運動総本部長が出席した。法要は、叡南覺範毘沙門堂門跡門主を大導師に、団員約50人が出仕し、インド各地より集まった5万人を超える仏教徒が見守るなか厳修された。
禅定林には、毎年支援をしており、本年も、福惠総本部長が100万円の目録をサンガ住職に手渡した。しかし、この日は思いがけず、サンガ住職から福惠総本部長に支援金が手渡された。この支援金は、「子供の家」の子どもたちが一食を捧げ、その分をお金に換算し、総本部に寄付したもの。子どもたちは「今まではずっと支援を受けてきたが、自分たちも誰かの役に立ちたい」と、自発的に一食を捧げ喜捨した。
 また、ナグプール市内にある「パンニャ・メッタ学園」新校舎起工式を福惠総本部長導師に、パンニャメッタ協会役員の出仕のもと厳修された。
現状では10クラスあるが、生徒の増加により教室が足らない状況であった。そこで、2クラス増やし計12クラスにする増築工事がこれから行われる。

タイ洪水災害義援金を寄託

タイ洪水災害義援金を寄託

2011年に3ヶ月もの間、タイ中部を襲った洪水は甚大な被害を出しました。今回、タイ洪水災害・トルコ大地震義援金として総本部が12月22日まで呼びかけて集まった浄財6,577,982円のうちの500万円を関係機関に支援致しました。
福惠善高一隅を照らす運動総本部長は2月5日と6日、タイ・バンコク市内にある世界仏教徒連盟(WFB)をはじめ、クロントイスラムにあるシャンティ国際ボランティア会(SVA)とドゥアン・プラティープ財団にタイ洪水災害義援金を渡しに訪問。
 世界仏教徒連盟では、アルンナワディ副会長とパロップタイアリー事務総長に、タイ洪水災害義援金200万円の目録を手渡しました。
 SVAでは、福惠総本部長から八木沢アジア地域ディレクターに義援金100万円の目録を手渡した後、スタッフから現状の活動報告を受けました。
 プラティープ財団では、スラムで暮らす人々の生活改善を目指し、教育里親制度・幼稚園運営等の教育事業、「生き直しの学校」と呼ばれる人材育成事業等を行っています。当財団で、創設者のプラティープ女史と面会した福惠総本部長が、タイ洪水災害義援金200万円の目録を手渡し、財団の現状や今後の支援について話し合った後、スラム街を視察しました。
 さらに、今回の洪水被害にあったパトゥムタニ県クロンクワーンボン学校を訪問し、子供たちが水を飲めるように浄水器や流失した図書の補充、枯れてしまった木を新たに植樹致しました。

台風12号災害支援義援金を寄託

台風12号災害支援義援金を寄託

 平成23年9月22日、一隅を照らす運動総本部は9月に発生した台風12号の災害支援として、被害の大きかった三重県、奈良県、和歌山県を訪問し、各県庁へ緊急救援引当金から義援金を寄託した。
 三重県庁へは福惠善高総本部長と地元三重県の森喜良三岐教区本部長が赴き、青木正晴健康福祉部総括室長と面談し、青木室長に総本部からの義援金30万円と三岐教区本部からの義援金10万円が寄託され、今回の台風による被災状況の説明を受けた。
 次に訪れた奈良県庁には、福惠総本部長と高岡保博近畿教区本部長が赴き、応対された稲山一八奈良県副知事に総本部からの義援金30万円と近畿教区本部からの義援金5万円が寄託された。稲山副知事からは台風が通過した当日の様子や復興状況などの説明があった。
最後に訪れた和歌山県庁には福惠総本部長と高岡近畿教区本部長が米山重明和歌山県庁会計管理者と面談し、総本部からの義援金30万円と近畿教区本部からの義援金5万円が寄託された。
 各県とも今回の台風による激しい風雨により、今までに経験したことがない規模の被害が出ており、復旧にはかなりの時間がかかると見方が強まっている。今後の迅速な災害対策が求められている。

「みんなのとしょかん」に協力支援金を贈呈

「みんなのとしょかん」に協力支援金を贈呈

一隅を照らす運動総本部では、平成23年9月14日に一般社団法人みんなのとしょかん代表川端秀明氏に協力支援金200万を贈呈した。
『みんなのとしょかん』プロジェクトとは被災された方々のために図書館を仮設住宅の集会所などに設置している一般社団法人。今回は、宮城県東松島市と亘理町の仮設住宅に設置されている『みんなのとしょかん』を視察した。集会所の一部屋を『みんなのとしょかん』スペースとして活用し、書棚にはマンガから小説、絵本、図鑑など幅広いジャンルの本が並べられていた。小さい子供からお年寄りまで気軽に借りられる図書館であった。図書は寄付による物が多数。募集などの詳細は下記にご連絡下さい。


ユニ・スタッフ   栃木県足利市芳町26
          ℡0284-40-3070
          http://niccora.jp/minnanotoshokan/

聖エジディオ共同体に支援金を贈呈

聖エジディオ共同体に支援金を贈呈

一隅を照らす運動総本部では、世界の子どもたちの福祉と教育向上を願って、毎年、イタリアの聖エジディオ共同体を支援しており、ヨーロッパで開催される「世界宗教者平和の祈りの集い」で、代表者が支援金を贈呈している。
 本年も平成23年9月10日から14日まで、聖エジディオ共同体が主催する「第25回世界宗教者平和の祈りの集い」がドイツのミュンヘンで開催された。
 12日には、今回の「第25回世界宗教者平和の祈りの集い」天台宗代表使節団団長を務めた栢木寛照団長が、ミュンヘンのシティセンターホールで「大震災における宗教者の役割り」についてスピーチをした後、聖エジディオ共同体のアゴスティーノ・ジョバンニョーリ教授に共同体活動支援金として30万円を手渡した

日本ユニセフ協会へ浄財を寄託

日本ユニセフ協会へ浄財を寄託

 平成23年8月4日、「比叡山宗教サミット24周年世界平和祈りの集い」(比叡山延暦寺)が開催され、日本ユニセフ協会への募金寄託式が行われた。この募金は、毎年8月に行われている「天台青少年比叡山の集い」に参加したリーダーと小中学生がこの日のために出し合った募金と、全国から寄せられた浄財を合わせたもので、募金総額は300万円。
 寄託式では、小中学生を代表して滝口美咲さんより小堀光詮一隅を照らす運動会長へ目録が手渡され、引き続き小堀会長から早水研日本ユニセフ協会専務理事に目録が手渡された。

ハイチ大地震被災者の少女が来庁

ハイチ大地震被災者の少女が来庁

 平成23年1月17日、一隅を照らす運動総本部が支援している特定非営利活動法人AMDA(アムダ・本部=岡山)から難波妙代表部参事と、アムダが招聘したハイチ人少女ガエル・エズナール氏とアムダ調整員のマック・フレデリック氏の3名が天台宗務庁に来庁し、阿純孝同運動理事長、福惠善高同運動総本部長らと会談した。
 今回来日したガエル氏はハイチ大地震で負傷し右足を切断しており、アムダが行った義肢支援プロジェクトにより昨年10月に無償義足の提供を受けた。アムダはハイチ大地震から1年の節目を迎えるにあたりガエル氏を日本に招聘し、義肢支援プロジェクトを支援した団体や事業所の訪問や、神戸における阪神淡路大震災の震災被害者との交流などを行った。
 ガエル氏は「総本部による支援のおかげで、私も義足をつけることができ本当に感謝しています。将来の夢は日本に留学し、外交の分野でハイチと日本の架け橋となることです」と述べた。
ハイチでは震災後未だに仮設テントで生活する人々が多く、コレラ感染の広がりにより多くの人が亡くなっている。アムダはこれからもコレラに対する医療活動を継続していく方向で準備を進めている。

ラオス交流親善視察団を派遣

ラオス交流親善視察団を派遣

一隅を照らす運動総本部では、平成22年11月2日から6日まで第15回ラオス交流親善視察団を派遣した。この視察団には7名が参加し、総本部からは福惠善高同運動総本部長が同行した。今回は、ラオス国内で過去に総本部が建設支援した学校など訪問した。
 11月3日、一行はラオスの首都ビエンチャンにある小学校4校を訪問した。最初に訪問したのは市街地から少し離れたドンサワッド小学校。ここは平成8年に総本部が建設支援した学校で、現在190名の子どもが通っている。校舎は経年劣化している箇所もあったが、今もきれいに使われていた。またこの学校では、今年から楽しく学校に通ってもらうために放課後活動が始まり、ボランティアの人と一緒にカーペットや小物を作る活動をしたり、学校の周りに木を植えるなどの環境活動もしており、活気のある学校だった。2校目はすぐ近くのノンウァイ小学校。ここは平成9年に建設した学校で、現在100名の子どもが通っている。訪問した日はちょうど遠足の日で、子どもは少なかったが、先生から現状報告を受けた。3校目は平成7年に建てられたノンニャオ小学校。ここは現在220人の子どもが通っているが、全10教室のうち6教室しか使われていなかった。最近近くに私立小学校ができ、子どもがそちらへ転校したからである。しかし来年に近くのメコン川改修工事に伴って200家族がこの学区に移り住んでくる見込みで、児童も増え空き教室も埋まる予定とのこと。4校目は市街地から遠く離れたソムサマイ小学校。ここは平成4年に総本部がラオスで最初に建設支援した学校で、到着すると子ども達が校門で出迎えてくれた。現在380名の子どもが徒歩と自転車を使って通学しており、休み時間に校庭で元気よく遊ぶ姿が印象的であった。
 4日はビエンチャンから北へ約400kmの古都ルアンパバンへ飛行機で移動。神奈川教区本部が建設支援した学校2校を訪問した。1校目のシェーメン小学校は平成10年に建設され、現在286人の子どもが通っており、昨年新たに図書室も建てられた。訪問した時には子ども達が出迎えてくれ、保護者がラオス風焼きそばを振る舞ってくれた。その後、校長先生と村長から学校と村の現状報告を受けた。また同じ村にあるナーター幼稚園も訪問したが、子ども達の昼寝の時間とかぶさり、交流は出来なかったが、先生から現状報告を受けた。
今回の視察では、総本部が建設支援した学校が今も大切に使われていることがわかり、学校建設支援の成果を確認出来たことは大変有意義であった。