たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

寺庭婦人連合会が義援金を寄託

寺庭婦人連合会が義援金を寄託

 平成27年4月6日、平成27年度天台宗寺庭婦人連合会理事会が天台宗務庁において開催され、会議に先立ち、全国から寄せられた東日本大震災義援金133,000円が一隅を照らす運動総本部へ寄託された。
 当日は米田陽子会長から木ノ下寂俊理事長へ目録が手渡され、木ノ下理事長は「いつも多くのご支援をいただきありがとうございます。有効に活用させていただきます」と感謝の意を述べられた。

インド訪問

インド訪問

 平成27年2月8日から11日の日程で、横山照泰一隅を照らす運動総本部長がインド共和国を訪問し、様々な行事に参加した。
 2月8日にはインド・禅定林(サンガラトナ・法天・マナケ住職)大本堂落慶8周年記念法要・記念式典が、ポーニ(Pauni)の禅定林大本堂で厳修された。法要は、御住職を御導師に、インド各地より集まった10万人を超える人々が見守るなか厳修された。
 記念式典では、孤児院「パンニャ・メッタ子供の家」に対する支援金の目録を横山総本部長からサンガラトナ師に手渡した。また、この日は思いがけず、子供の家の子供たちから横山総本部長に救援協力金が手渡された。この協力金は、子供たちが1食を捧げ、その分をお金に換算して総本部に寄託したもの。
 10日には巡回医療のオープニングセレモニーがシロンチャ(Sironcha)にて行われた。セレモニーに先立ち、実際に活動する地域の視察も行った。
 この事業はサンガラトナ師が会長を務めるパンニャ・メッタ・サンガ(以下PMS)が行っているもので、一隅を照らす運動総本部も支援を行っている。PMSの事務所があるナグプール(Nagpur)から南東へ約400㎞にある21の村を医師が1カ月に4回巡回して診察し、対象となる方々は約5,000人にものぼる。初歩的医療の手当をはじめ衛生指導など、僻地住む部族への助けとなる活動である。
 11日には在インド日本国大使館を訪問し、一隅を照らす運動やサンガラトナ師の活動についての報告を行った。

叡山学院が托鉢浄財を寄託

叡山学院が托鉢浄財を寄託

 平成27年1月30日、叡山学院生3名(玉泉会会長小寺照哉さん総合学科3年、同会副会長片岡秀仁さん総合学科4年、同会総務西野祐聖さん総合学科3年)と教員1名が来庁し、東日本大震災復興支援の義援金を横山照泰総本部長に寄託した。
 今回の義援金は、平成27年1月24日に行った叡山学院寒行托鉢で集まった浄財で、111,867円が寄せられた。
 叡山学院生で組織された学生会「玉泉会(ぎょくせんかい)」が実践仏教の一環として、大津市園城寺町の園城寺(三井寺)界隈で行っているもので、今年は生徒28名、職員4名が托鉢を行った。
 学院生は「訪問した家の方やお店の方から多くの浄財から協力していただけた」と感想を述べていた。

三千院門跡が浄財を寄託

三千院門跡が浄財を寄託

 平成26年12月24日、三千院門跡の堀澤祖門御門主が天台宗務庁に来庁され、堀澤御門主より横山照泰一隅を照らす運動総本部長へ729,279円の浄財が手渡された。
 この浄財は、京都市左京区大原の三千院一帯の地で師走の恒例行事として定着している「托鉢寒行」で集まったもので、地球救援事務局の様々な救援活動に充てられる。

平成26年8月豪雨災害義援金を寄託

平成26年8月豪雨災害義援金を寄託

 平成26年10月10日、14日に一隅を照らす運動総本部で呼びかけていた「平成26年8月豪雨災害義援金」の寄託を行った。今回、多くの方々からご協力を賜り1,300万円を超える義援金が集まった。
 10日、広島県広島市役所には永宗幸信岡山教区本部長と瀬戸川賢照社会主任に同行頂き、広島市企画総務局総務課主査小野広昭氏へ義援金300万円を寄託した。
 14日、兵庫県丹波市役所には高見智秀兵庫教区濟納寺支部長と共に丹波市長辻重五郎氏を訪問し、義援金250万円を手渡した。
 京都府福知山市役所には若林節哉京都教区副本部長に同行頂き、福知山市会計管理者荒木一昌氏へ義援金250万円を寄託した。
 また、高知県四万十市、徳島県那賀町、北海道礼文町へも各50万円、日本赤十字社滋賀県支部、全日本仏教会、仏教NGOネットワーク(BNN)、全国青少年教化協議会へ寄託を行う。

比叡山中学校が義援金を寄託

比叡山中学校が義援金を寄託

 平成26年10月7日、比叡山中学校ボランティア委員会委員長の唐島田響生君が来庁し、東日本大震災復興支援の為の義援金として15,900円を横山照泰一隅を照らす運動総本部長に寄託した。
 9月24日・25日に同校の文化祭でボランティア委員会はバザーを開催し、売り上げを例年総本部へ寄託している。唐島田委員長は「皆さんのおかげで、多くの募金が寄せられました」と感想を述べていた。

比叡山高校が義援金を寄託

比叡山高校が義援金を寄託

 平成26年10月2日、一隅を照らす運動総本部で呼びかけを行っていた「平成26年8月豪雨」義援金に対し、比叡山高等学校生徒会執行部の生徒2名(渡邊愛衣さん2年、養覚裕哉君1年)が来庁し、義援金63,689円の寄託を受けた。
 同校生徒会執行部では、朝の挨拶運動にあわせて校門前に立ち、生徒へ募金の呼びかけを行った。今回の義援金には募金活動に加え、文化祭のバザー等の収益も含まれている。
 「最初は募金に協力してくれる人が少なかったが、続けるうちに多くの人から協力いただけた」と苦労も多かった様だが、「遠い所から少しでも被災地の為に役に立てれば」と思いを語った。

寺庭婦人連合会が義援金を寄託

寺庭婦人連合会が義援金を寄託

 平成26年9月10日、一隅を照らす運動総本部が8月26日~9月30日まで呼びかけを行っている「平成26年8月豪雨」義援金に対して、天台宗寺庭婦人連合会より義援金の寄託を受けた。
 米田陽子会長から横山照泰総本部長へ目録が手渡された。

平成26年8月豪雨義援金について

 一隅を照らす運動総本部では、『平成26年8月豪雨』により被害を受けた被災地に対して緊急支援を行って参ります。
 つきましては、下記の通り義援金の募集を行っております。皆様のご協力をお願い申し上げます。
 なお、皆様から頂戴いたしました義援金は、しかるべき関係機関に寄託いたします。

                 記

口座名:郵便振替 口座番号 01050-1-69505
     加入者名 一隅を照らす運動総本部地球救援事務局

締切日:平成26年9月30日

                               以上 関連リンク:平成26年8月豪雨義援金のお願い

国連UNHCR協会と日本ユニセフ協会へ支援金寄託

国連UNHCR協会と日本ユニセフ協会へ支援金寄託

 平成26年8月4日、比叡山宗教サミット27周年『世界平和祈りの集い』(比叡山延暦寺)が開催され、併せて行われた世界平和祈願法要の出仕者を前に、国連UNHCR協会への支援金寄託式が行われた。
 今回は状勢の不安定なシリアの難民救援活動への支援として、木ノ下寂俊一隅を照らす運動理事長より檜森隆伸国連UNHCR協会事務局長へ100万円の目録が贈呈された。
 また、比叡山宗教サミット式典に先立ち、日本ユニセフ協会への募金寄託式が行われた。この募金は毎年8月に行われている「天台青少年比叡山の集い」に参加したリーダーと研修生の小中学生が出し合った募金と、全国宗徒から寄せられた浄財を合わせたもので、総額は300万円。
 寄託式では、天台青少年比叡山の集い参加研修生の代表より森川宏映一隅を照らす運動会長へ目録が手渡され、引き続き森川会長から早水研日本ユニセフ協会専務理事に目録が手渡された。