たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

パキスタン洪水災害義援金を寄託

パキスタン洪水災害義援金を寄託

 平成22年10月13日、一隅を照らす運動総本部は、日本赤十字社、世界仏教徒連盟(WFB)、仏教NGOネットワーク(BNN)、シャンティ国際ボランティア会(SVA)の各事務所を訪問し、パキスタン洪水災害義援金を寄託した。
 この義援金は今年7月に発生したパキスタン洪水災害に対して、総本部が9月24日までに宗内各寺院などに呼びかけて集まった4,403,629円で、当日は福惠善高同運動総本部長が東京にある各事務所を訪問した。
 まずはじめに訪れた日本赤十字社では、三井俊介総務局組織推進部長に義援金100万円を手渡し、現地での活動について説明を受けた。次に世界仏教徒連盟を訪れ、同連盟人道支援委員会の正本乗光委員長と面談し、義援金70万円を、また、仏教NGOネットワークを訪れ、茂田真澄事務局長に義援金703,629円をそれぞれ寄託した。最後にシャンティ国際ボランティア会を訪れ、関尚士事務局長に義援金100万円を寄託し、現地の状況について説明を受けた。
なお、岡山に本部があるNPO法人AMDAに対しても、10月8日に100万円を支援した。

日本ユニセフ協会へ浄財を寄託

日本ユニセフ協会へ浄財を寄託

平成22年8月4日、「比叡山宗教サミット23周年世界平和祈りの集い」(比叡山延暦寺)が開催され、日本ユニセフ協会への募金寄託式が行われた。この募金は、毎年8月に行われている「天台青少年比叡山の集い」に参加した小中学生がお小遣いの中からこの日のために出し合った募金と、全国から寄せられた浄財を合わせたもので、募金総額は300万円。
 寄託式では、小中学生を代表して和田彩乃さんより小堀光詮一隅を照らす運動会長へ目録が手渡され、引き続き小堀会長から早水研日本ユニセフ協会専務理事に目録が手渡された。

三千院チャリティー墨蹟展の収益金を地球救援事務局に寄託

三千院チャリティー墨蹟展の収益金を地球救援事務局に寄託

 平成22年7月16日、天台宗五箇室門跡の一つである京都大原・三千院門跡(小堀光詮門主)の大島亮幸執事長が天台宗務庁に来庁し、「チャリティー墨跡展」の収益金を地球救援事務局に寄託した。
 墨跡展は、三千院門跡で毎年6月から7月にかけて開催される「あじさい祭り」に併せて行われているもので、全国の高僧・名士の方々が揮毫した色紙や掛け軸などが出陳されている。
 この度、地球救援募金として収益金の一部である20万円が、大島執事長から福惠善高一隅を照らす運動総本部長に手渡された。

中華慈善総会に中国青海省地震義援金を寄託

中華慈善総会に中国青海省地震義援金を寄託

平成22年7月1日、一隅を照らす運動総本部は中華慈善総会に対して、中国青海省地震支援の義援金160万円を寄託した。これは中国青海省地震の義援金として総本部が5月26日まで呼びかけて集まった浄財4,639,893円のうちの160万円。
 当日、阿純孝同運動理事長が北京にある中華慈善総会北京本部を訪問し、李本公中華慈善総会会長に義援金を手渡した。李会長は、「会長に就任して二年目を迎えるが、日本から直接北京本部を訪れ、義援金を寄付した日本の宗教団体は初めてであり、非常に誠意が感じられます。ぜひとも被災地の再建のために有効に使いたいです。天台宗からの視察はいつでも歓迎します。」と話した。

AMDAがチリ地震報告会を行う

AMDAがチリ地震報告会を行う

 平成22年6月8日、AMDA(アムダ・本部=岡山市)の難波妙代表部参事と石岡未和看護師が天台宗務庁に来庁し、チリ地震の報告会を行った。AMDAは、自然災害や紛争の被災者に対して世界各地で医療活動を行っている特定非営利活動法人で、今年に入って発生したチリ地震の際にも現地までスタッフを派遣している。
 報告会に先立ち義援金寄託式が行われ、阿純孝同運動理事長から難波参事にチリ地震義援金として200万円と中国青海省地震義援金200万円が寄託された。寄託式後、難波参事と石岡看護師はスライドを交えてチリ地震における活動を報告。今回のチリ地震で、AMDAは地震発生直後に第一次チームとして医師と調整員を現地へ派遣し、その後第二次チームを結成し石岡看護師らが派遣され、チリ政府救急医療チームなどと連携をとり乳幼児支援プロジェクトを立ち上げ、各地で医療活動を行った。
 今回の報告会には、天台宗務庁役職員を含め、救援募金にご協力頂いた京都教区仏青代表、天台宗寺庭婦人連合会代表など約30名が参加した。

BNNと日本赤十字社に義援金を寄託

BNNと日本赤十字社に義援金を寄託

一隅を照らす運動総本部では、平成22年6月10日、BNN(仏教NGOネットワーク)に対し、ハイチ地震義援金として703,463円を寄託した。これはハイチ・チリ地震の義援金として総本部が4月23日まで呼びかけて集まった浄財5,703,463円のうちの703,463円。
 当日は、東京芝の増上寺明照会館においてBNNの総会が開催され、総会終了後、天台宗から出席した西郊良光一隅を照らす運動顧問より、代表の玉川覺祥師に手渡した。
 また同日、草別善哉同運動総本部次長が日本赤十字社本社を訪問し、中国青海省地震支援の義援金として、総本部が5月26日まで募った中国青海省地震義援金4,609,893円より100万円を三井俊介総務局組織推進部長に手渡した。
 なお、総本部では地震発生当初に緊急救援として100万円を日本赤十字社に寄託しており、今回の支援と併せ200万円を支援した。

中国・内モンゴル植林ツアーに参加

中国・内モンゴル植林ツアーに参加

 去る5月5日から12日までの日程で、NPO法人「草原の風」主催の「内モンゴル植林ツアー」が行われ、天台宗から福惠善高総本部長をはじめ13名が参加した。今回も昨年と同様に、沙漠緑化の大切さを知ってもらおうと、広く天台宗全寺院に参加を呼び掛けた。
 ツアーは総勢39名で、中華人民共和国の首都北京から西に1,000㎞の内モンゴル自治区オトクチでの植林活動、子どもたちや村人との交流を行った。
 6日には、植林地域へ移動し植林を開始、作業には現地のラマ教寺院僧侶・林業局職員・高校生の約60名も集まった。植林期間中を通して、内モンゴルTV放送局と内モンゴル日報新聞社の取材があった。
 現場にあるのは、大きなスコップだけで、近代的な機器は最近導入された2台の小型エンジン式穴掘り機のみ。2m位の柳苗木を植えるのに深さ80cm・直径50cmの穴を掘って埋めるという単純な方法であった。2日間で平成22年度分8,000本の内1,000本の柳などを植林。
 また、オトクチ市街では、オトクチ専門学校を訪問し、総本部から記念品の文具を生徒に贈呈。
 7日には、総本部が建設支援しているシュリゲ廟医院に於いて福惠総本部長から本年で最終となる100万円の支援金を責任者のチョンクル住職へ手渡し、施設内の現状を視察。
 さらに、シュリゲ廟医院や林業局関係者との交流夕食会に参加、過去に植林された木の成長や緑化の成果も確認した。
 総本部では、継続した広がる沙漠化への防止活動を今後も実施していきたいと考えている。
 
天台宗からの参加者は以下の通り(順不同・敬称略)
福惠善高、壬生照道、岩尾照尚、多田澄昭、多田佐千子、成田蔦子、北村隆太郎、北村厚子、松岡聡明、松岡厚子、市川ひとみ、蟹江裕子、小林慈誠

日本赤十字社に中国青海省地震義援金を寄託

日本赤十字社に中国青海省地震義援金を寄託

 平成22年4月21日、一隅を照らす運動総本部では草別善哉同運動総本部次長が日本赤十字社本社を訪問し、4月14日に発生した中国青海省玉樹チベット族自治州地震災害支援の義援金として、緊急救援引当金より100万円を三井俊介総務局組織推進部長に手渡した。
 三井部長は「日本赤十字社の活動はこうした皆様からの義援金で支えられています。有効に使わせていただきます。」と語った。
 当日は、ハイチ、チリ大地震の報告会が行われ、義援金の活用方法が現地スタッフより説明され大変有意義であった。
 なお、総本部では中国青海省地震に対する緊急募金への協力を5月26日まで受け付けている。

AMDAにハイチ地震義援金を寄託

AMDAにハイチ地震義援金を寄託

 平成22年3月10日、総本部は天台宗務庁において、特定非営利活動法人AMDA(アムダ・本部:岡山市)へハイチ地震義援金として100万円を寄託した。
 この100万円は、総本部が2月25日まで天台宗寺院や檀信徒、一般に募金を呼び掛けて集まった浄財の一部。
 当日は、アムダから難波妙・代表部参事が来庁し、阿純孝理事長が義援金を手渡した。
 アムダは、紛争による難民や災害の被災者に対して保健・医療を中心とした支援を行っている団体で、1月12日に発生したハイチ地震の際も、18日には現地で診療活動を開始した。
 難波参事の報告によると、現地の病院は廊下まで怪我人であふれ、医薬品不足により、やむなく下肢を切断しなければならない人が大勢いるため、アムダでは今後、義肢支援プロジェクト活動を行っていく予定である。

AMDAの難波代表部参事が来庁

AMDAの難波代表部参事が来庁

 平成22年2月16日、自然災害や紛争の被災者に対して、世界各地で医療活動を行っている特定非営利活動法人AMDA(アムダ・本部=岡山市)の難波妙代表部参事が天台宗務庁に来庁した。阿純孝理事長、福惠善高総本部長らと会談し、ハイチ地震の救援活動について説明し、総本部のこれまでの支援に対する謝辞を述べた。
 アムダは、ハイチ地震直後の1月15日には医師・看護師などを現地へ派遣して医療活動を開始し、現在も継続的に医療支援を行っている。今後は義肢支援プロジェクトなど、震災後のアフターケアのための幅広い活動を検討中である。
 阿理事長はアムダの活動をねぎらうと共に「宗教的側面から協力できることもあるので、今後も協力を続けていきたい」と語った。