たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

日本ユニセフ協会へ浄財を寄託

日本ユニセフ協会へ浄財を寄託

令和4年8月4日、「比叡山宗教サミット35周年世界平和祈りの集い」(比叡山延暦寺)が開催され、日本ユニセフ協会への募金寄託式が行われた。この募金は、一隅を照らす運動総本部にお預かりしております救援協力金の一部で、子どもの福祉支援のため200万円が寄託された。当日は、一隅を照らす運動竹内純照総本部長より日本ユニセフ協会早水研専務理事に目録が手渡された。


みな様からお預かりいたします救援協力金は、災害支援や教育支援に活用させていただいています。
今後とも、ご支援ご協力をお願い申し上げます。

PMSパンニャ・メッタ・サンガがウクライナ人道危機救援募金を寄託

PMSパンニャ・メッタ・サンガがウクライナ人道危機救援募金を寄託

令和4年6月16日、一隅を照らす運動総本部「地球救援事務局」が行っている「ウクライナ人道危機救援募金」の呼びかけに応じて、PMS パンニャ・メッタ・サンガを代表してサンガラトナ・法天・マナケ師から一隅を照らす運動総本部へ6万ルピーが手渡されました。
 
その他にも、天台宗寺院をはじめ多くの方々から救援募金をお預かりしております。重ねて御礼申し上げます。寄せられた浄財は、人道支援活動をされている団体に随時、寄託をしております。

なお、「ウクライナ人道危機救援募金」は、令和4年6月30日まで実施しております。
引き続きご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ユニセフ協会より感謝状をいただきました!

ユニセフ協会より感謝状をいただきました!

~ お知らせ ~

ウクライナ人道危機救援募金としてお預かりしておりました浄財の一部を4月に日本ユニセフ協会へ寄託いたしました。この度、感謝状をいただきましたのでご報告いたします。

皆さまからお預かりしております浄財は、人道支援活動をされている団体に随時、寄託をしております。なお、「ウクライナ人道危機救援募金」は、令和4年6月30日まで引き続き実施しております。ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

天台宗寺庭婦人連合会が救援金を寄託

天台宗寺庭婦人連合会が救援金を寄託

令和4年5月11日、一隅を照らす運動総本部「地球救援事務局」が行っている「ウクライナ人道危機救援募金」の呼びかけに応じて、天台宗寺庭婦人連合会を代表して小林好野会長から一隅を照らす運動総本部へ救援金30万円が手渡されました。
 
その他にも、天台宗寺院をはじめ多くの方々から救援募金をお預かりしております。重ねて御礼申し上げます。寄せられた浄財は、人道支援活動をされている団体に随時、寄託をしております。

なお、「ウクライナ人道危機救援募金」は、令和4年6月30日まで実施しております。
引き続きご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ウクライナ人道危機救援募金の一部を寄託

ウクライナ人道危機救援募金の一部を寄託

ウクライナ人道危機救援募金としてお預かりしておりました浄財の一部を
4月に国連UNHCR協会へ寄託いたしました。この度、感謝状をいただきましたのでご報告いたします。

皆さまからお預かりしております浄財は、人道支援活動をされている団体に随時、寄託をしております。
なお、「ウクライナ人道危機救援募金」は、令和4年6月30日まで引き続き実施しております。
ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ウクライナ人道危機救援募金の一部を寄託

ウクライナ人道危機救援募金の一部を寄託

ウクライナ人道危機救援募金としてお預かりしておりました浄財の一部を
4月に日本赤十字社へ寄託いたしました。受領証が届きましたのでご報告いたします。

皆さまからお預かりしております浄財は、人道支援活動をされている団体に随時、寄託をしております。
なお、「ウクライナ人道危機救援募金」は、令和4年6月30日まで引き続き実施しております。
ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

AMDAにウクライナ人道危機救援支援金を寄託

AMDAにウクライナ人道危機救援支援金を寄託

令和4年4月13日、一隅を照らす運動総本部は特定非営利活動法人AMDA(アムダ)本部のある岡山市を訪問し、「ウクライナ人道危機救援支援金」として500万円を寄託致しました。
当日は、アムダ菅波 茂理事長へ竹内純照総本部長が500万円の目録を手渡し、同日、支援金に対しまして感謝状をいただきました。
この500万円は、総本部が令和4年3月7日より天台宗寺院や檀信徒、一般に募金を呼びかけている「ウクライナ人道危機救援募金」において集まった浄財の一部です。
 
アムダは、現在も戦闘の続くウクライナから避難する人々の支援活動を行うため、3月9日より隣国ハンガリーに拠点を置き、ウクライナ国境付近への医療支援を中心に活動を展開されており、支援活動について現地に直接赴いた難波 妙理事・GPSP支援局長より現状報告を受けました。

皆さまからお預かりしております浄財は、人道支援活動をされている団体に随時、寄託をしていく準備をしております。
なお、「ウクライナ人道危機救援募金」は、令和4年6月30日まで引き続き実施しております。
ご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

甲南病院へマスクを寄贈

甲南病院へマスクを寄贈

令和4年4月13日。妙法院門跡より寄贈されたマスクの内、4,500枚を滋賀県甲賀市にある医療法人社団仁生会甲南病院に寄贈した。
竹内純照一隅を照らす運動総本部長より、古倉みのり理事長へ手渡された。

トンガ大洋州噴火津波災害への被災地支援

トンガ大洋州噴火津波災害への被災地支援

トンガ大洋州噴火津波災害への被災地支援金としてお預かりしておりました浄財を
2月に日本赤十字社へ寄託いたしました。受領証が届きましたのでご報告いたします。

妙法院門跡がマスクを寄贈

妙法院門跡がマスクを寄贈

令和4年3月14日、妙法院門跡三十三間堂において岸舜栄妙法院門跡執事長より
竹内純照一隅を照らす運動総本部長にマスク1万枚が寄贈された。

妙法院門跡からのマスクの寄贈は昨年に引き続き2度目である。

新型コロナウイルス感染症の収束が見通せない中、まだまだマスクを必要としている病院や地域団体へお配りしていく予定である。

暖かいご支援ありがとうございます。