たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

今年も天台宗全国一斉托鉢始まる

 恒例の天台宗全国一斉托鉢が12月1日、比叡山麓の大津市坂本一帯で行われました。21回目を迎えた今回の一斉托鉢は、延暦寺一山寺院住職と天台宗務庁の役職員約80人が参加しました。午前9時、法螺貝を先導に生源寺を出発した一行は、曼殊院門跡門主・半田孝淳探題大僧正を先頭に「造り道」を行脚。その後、一行は5班に分かれて、家内安全を祈願しながら家々を回りました。473,500円の浄財が寄せられ、NHK歳末助け合い募金に全額を寄託しました。
 また、天台宗務庁の職員、延暦寺一山と滋賀教区本部の寺庭婦人会の協力を得て、JR比叡山坂本駅と堅田駅、京阪坂本駅で街頭募金を実施し、総額82,000円が寄せられました。

第20回目を迎えた天台宗全国一斉托鉢、渡辺座主猊下を先頭に托鉢

第20回目を迎えた天台宗全国一斉托鉢、渡辺座主猊下を先頭に托鉢

 天台宗全国一斉托鉢が平成17年12月1日、比叡山麓の大津市坂本地区一帯で行われた。
今年で第20回を迎えた一斉托鉢は、延暦寺一山寺院住職と天台宗務庁の役職員約80名が参加した。午前9時、法螺貝を先導に生源寺を出発した一行は、渡邊惠進天台座主猊下を先頭に「作り道」を南下行脚。その後、一行は五班に分かれて、家内安全を祈願しながら各家を回った。423,133円のあたたかい浄財が寄せられ、NHK歳末助け合い募金として全額が寄託された。
 また、天台宗の職員、延暦寺一山及び滋賀教区寺庭婦人会の協力を得て、JR比叡山坂本駅、JR堅田駅、京阪坂本駅で街頭募金を実施し、総額60,772円が寄せられた。