たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

仏教 今日のひとこと

お釈迦さまや天台大師はもとより、伝教大師はじめ日本仏教各宗派の祖師のお言葉は、
仏教の教えに裏打ちされた大変素晴らしいものです。

このコーナーでは、仏教に関する珠玉の名言を「仏教 今日のひとこと」として紹介します。

それぞれの言葉には味わい深いものが数多くあり、みなさんの日々の生活指針になれば幸いです。

  • No.022
  • 菩薩の律儀には都(す)べて自利なし。利他を以って則ち自利となすが故なり。
  • 伝教大師最澄(天台宗宗祖。767-822)
  • 意訳

    菩薩は自分を先にして他人を後回しにすることはしない。人を助けることが自分の喜びとなるのだ。

  • 出典

    『顕戒論』

  • 解説

    伝教大師が53歳の時、南都仏教の小乗戒に対して、真俗一貫の大乗菩薩戒こそが真に国を護り、人々を幸せにする「戒」であるとの思いから、比叡山における大乗戒壇院の建設を宣言した大書で、日本天台宗成立の基礎となった。