たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

夏休みだよ、『しょうぐうさん』とカラダを動かそう!

夏休みだよ、『しょうぐうさん』とカラダを動かそう!

一隅を照らす運動発足50周年記念事業として『しょうぐうさん体操』イベントを開催いたします。

 しょうぐうさん体操が誕生して、まもなく2周年、さらに本年5月に『しょうぐうさん絵本』が出版されました。ますます活躍する「しょうぐうさん」と一緒に体操をして、元気いっぱい、笑顔いっぱいになりましょう!
 会場は、本運動の団体会員である嵯峨野観光鉄道株式会社さまのご協力にて「トロッコ嵯峨駅19世紀ホール」にて実施します。

 特別ゲストに『しょうぐうさん体操』を作詞・振付をいただいた、『ラッキィ池田』さんをお迎えし、「しょうぐうさん」はもちろん嵯峨野観光鉄道の「トロッキー」も皆さんのお越しをお待ちしております。


日 時:2019年8月5日(月) 第1ステージ11:00~ 第2ステージ13:30~
会 場:嵯峨野観光鉄道 トロッコ嵯峨駅19世紀ホール
内 容:各ステージ30分程度
参加費:無料 関連リンク:嵯峨野観光鉄道ホームページ

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

『照隅祭』特設サイトを開設

『照隅祭』特設サイトを開設

~ お知らせ ~

一隅を照らす運動発足50周年記念イベント『照隅祭』の特設サイトを開設いたしました。

11月2~4日比叡山延暦寺にて開催!
詳細は少しずつ公開いたします。 関連リンク:『照隅祭』特設サイト

令和元年度第1回一隅を照らす運動理事会

令和元年度第1回一隅を照らす運動理事会

 令和元年7月1日、天台宗務庁(滋賀県大津市)において令和元年度第一回「一隅を照らす運動」理事会が開催された。本理事会において、平成三十年度一隅を照らす運動の事業報告、各会計の決算等が審議・承認された。
 また、今回の理事会において顧問の改選があり、それぞれ承認・報告された。
 
【顧問】
小林 隆彰師 延暦寺一山 滋賀院門主:再任
小暮 道樹師 栃木教区  輪王寺住職:再任

広告が掲載されました!

広告が掲載されました!

~ お知らせ ~

6月28日発行の産経新聞(東京23区版)に「一隅を照らす」というこの運動を大きく掲載していただきました。

地域が限られてはおりますが、多くのみな様の眼にふれることとなっておりますよう願っております。

「きらめき」57・58合併号発行

「きらめき」57・58合併号発行

一隅を照らす運動機関誌会報「きらめき」57・58合併号を発行しました。 関連リンク:会報『きらめき』

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

「心のつどいin比叡山」開催休止のお知らせ

「心のつどいin比叡山」開催休止のお知らせ

~ お知らせ ~

例年開催しております「心のつどいin比叡山」につきまして、
運動発足50周年諸行事実施につき、本年は開催を休止させていただきます。

なお、来年度は開催の予定をしております。
ご了承いただきますようお願い申し上げます。

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました!

しょうぐうさんブログを更新しました。
下記リンクよりご覧ください。 関連リンク:しょうぐうさんブログ

絵本『おしえてしょうぐうさん~いのちのはなし~』刊行

絵本『おしえてしょうぐうさん~いのちのはなし~』刊行

~ お知らせ ~

絵本『おしえてしょうぐうさん~いのちのはなし~』刊行

 本年、「一(いち)隅(ぐう)を照らす運動」が発足して50周年を迎えます。
 一隅を照らす運動総本部では、伝教大師最澄のご精神を基とする「それぞれの立場で最善を尽くし、自ら輝くことで自身の周囲も照らしていくことができる人材の育成」という本運動の目的に、大人だけではなくこれからの時代を担う子ども達にも接してもらいたいと考えています。
 この絵本を介して、ご家庭の中で親子のコミュニケーションがより活発になされること願います。

◇絵本の概要◇
 著作者:天台宗
 作  :一隅を照らす運動総本部
 絵  :さくらいひとし
 出版社:株式会社 春秋社
 定価 :1,000円(税別)
 発行日:2019年5月20日第1版

◇ストーリーのあらまし◇
 本運動では、『実践3つの柱』として「生命(いのち)」「奉仕(ほうし)」「共生(きょうせい)」を掲げ、活動の根幹としております。
 本作では、「生命」を主題とした内容としました。
 赤ちゃんが生まれてお兄ちゃんとなった男の子が、お父さんやお母さんを赤ちゃんに取られてしまったというような複雑な気持ちを抱く様子に、しょうぐうさんが「いのちの繋がり」や「いのちの大切さ」をやさしく教える内容になっています。

◇絵本の取り扱い◇
 株式会社春秋社 営業部 関連リンク:絵本が購入できるオンラインショップ