たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

茨城教区一隅を照らす運動推進大会報告

茨城教区一隅を照らす運動推進大会報告

 茨城教区本部(酒井貫全教区本部長)では、平成26年11月4日に筑西市黒子の千妙寺(阿純孝支部長)を会場に、第19回「一隅を照らす運動」推進茨城大会を開催し、住職・寺族・檀信徒ら約200名が参加した。
 まず始めに酒井本部長導師のもと法楽が行われ、引き続き酒井本部長より主催者挨拶があった。続いて来賓の横山照泰同運動総本部長、舩戸俊宏茨城教区宗議会議員、小川晃照茨城教区議会議長より祝辞があった。
 表彰式では、2団体、2名へ東日本大震災の支援活動に対して感謝状が横山総本部長より手渡された。また、一隅を照らす運動の活動報告として、松永博臣事務局長より災害時にお寺が拠点となり特定非営利活動法人アムダが医療活動を行う協力関係寺院の紹介なども行われた。
 第一部講演では、阿千妙寺御住職(同運動顧問)が「人間に生まるること大いなる喜びなり」と題して講演され、いかに人間として生まれることが幸せかを参加者に説かれ、皆熱心に聞き入っていた。
 第二部では、落語家の三遊亭金時師匠による落語が披露され、会場は笑い声があふれていた。
 最後に、鈴木俊彰教区主事会長より挨拶があり、新井量栄教区議会議員の閉会の辞によって大会は幕を閉じた。

信越教区一隅を照らす運動推進大会報告

信越教区一隅を照らす運動推進大会報告

 信越教区本部(師田香雪教区本部長)では、平成26年10月29日に長野県長野市の善光寺大勧進を会場に、信越教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約120名の参加者が集まった。
 まず、師田教区本部長より開会の挨拶があり、続いて、横山照泰一隅を照らす運動総本部長より祝辞があった。
 第1部では師田教区本部長導師による法楽と福聚教会信越地方本部による御詠歌が披露され、参加者一同で唱和した。
 第2部では陸奥教区觀音寺支部長鮎貝宗城師による「津波と火災からの復興」と題した講演が行われた。鮎貝師は地震発生当時からの体験談を話され「震災から三年半経ったが記憶を風化させてはならない。気仙沼という文字をみたら、東日本大震災の事を思い出して欲しい。」と参加者に力強く話された。
 最後に、一隅を照らす運動教区本部事務局長である吉澤道信師より挨拶があり、その後大会は閉会した。

京都教区一隅を照らす運動推進大会報告

京都教区一隅を照らす運動推進大会報告

 京都教区本部(穴穂行弘教区本部長)では、平成26年10月18日に京都市左京区の眞正極樂寺を会場に、京都教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約200名の参加者が集まった。
 まず、穴穂教区本部長より開会の挨拶があり、続いて、横山照泰一隅を照らす運動総本部長より祝辞があった。
 第1講では浪曲師の春野恵子氏による「両国夫婦花火」という題目の浪曲が披露され、三味線の音に合わせた語りに参加者は耳を傾けていた。
 第2講では延暦寺一山伊崎寺住職上原行照師による「一隅を照らす」と題した講演が行われた。上原師は自身の体験された千日回峰行で修得されたことや、気づかされたことなどを話され、参加者は熱心に話しに聞き入っていた。
 最後に、一隅を照らす運動副会長である谷口義久京都教区檀信徒会会長(天台宗檀信徒会会長)より挨拶があり、その後大会は閉会した。

群馬教区一隅を照らす運動推進大会報告

群馬教区一隅を照らす運動推進大会報告

 群馬教区本部(谷晃昭教区本部長)では、平成26年10月17日富岡市かぶら文化ホールを会場に、第11回「一隅を照らす運動」群馬大会を「~つなげよう得がたきあらゆる生命~私たちは忘れない3.11」とテーマを掲げて開催し、約1,000名の参加者が集まった。
 はじめに、河田泉檀信徒会連盟会長の挨拶で開会し、谷教区本部長、都筑玄澄同運動群馬教区本部会長から主催者挨拶が行われた。続いて木ノ下寂俊同運動理事長、横山照泰同運動総本部長からそれぞれ祝辞が述べられた。
 記念法要として「東日本大震災慰霊・復興祈願法要」が谷教区本部長導師のもと厳修され、会場は厳かな空気に包まれた。法要の後、一隅を照らす運動の実践者として1名7団体が谷教区本部長より表彰を受けた。
 記念講演では、同運動副会長の山田俊和中尊寺御貫首を講師に迎え「抜苦与楽」と題した講演が行われた。山田副会長は自身が貫首を務める中尊寺の建立の意を中心に話され、参加者は耳を傾けていた。講演の後、群馬天台青年会の行っている東日本大震災被災地でのボランティア活動報告が谷晃仁会長より行われた。
 アトラクションとして、堺すすむ氏によるギター漫談「おしゃべりギター」が披露され、愉快な話とテンポの良い漫談で会場は笑いに包まれていた。
 大会最後には教区本部より被災地支援金として山田副会長へ、地球救援募金として横山総本部長へそれぞれ贈呈され、大会は幕を閉じた。

第13回 心のつどいin比叡山

第13回 心のつどいin比叡山

第13回「心のつどいin比叡山」(一隅を照らす運動総本部主催)を比叡山延暦寺会館で開催。7月14日、15日の一泊二日の日程で、一般公募で募った男女18名が参加した。
 開講式では、横山照泰一隅を照らす運動総本部長導師による「おつとめ」があり、その後、坐禅止観などの説明があった。
 第1講では『法華経のこころ』と題し、延暦寺一山最乗院住職高川慈照大僧正による法話があり、法華経の成り立ちから説かれている心の持ちようなどを話され、参加者はありがい法話に聞き入っていた。
 第2講では『古典落語ちりとてちん』『仏は君をホットケナない』と題し、落語家露の団姫師による落語があり、会場は大いに盛り上がった。 
 翌日は、早朝5時半より根本中堂にて坐禅止観を実修した。その後、大書院庭の清掃、延暦寺会館でのお写経を実践し、それぞれが熱心に取り組んでいた。
 今研修会では、祖師先徳鑽仰大法会期間中ということもあり、慈覚大師御廟へ参拝した。
 ある研修生は「毎回新しい気持ちで受講している。一年に一回の自分をみつめなおす大切な機会となっている。また比叡山の奥地にひっそりとある慈覚大師御廟へお参りできて良かった。」と感想を述べていた。

北陸教区一隅を照らす運動推進大会

北陸教区一隅を照らす運動推進大会

 北陸教区本部(天谷良永教区本部長)では、平成26年6月22日に石川県珠洲市のラポルトすずを会場に、北陸教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約500名の参加者が集まった。
 開会式の後、岩尾照尚天台宗議会議員を導師に他宗派の僧侶の方々と合同で歎仏会法要があり、続いて北陸教区の僧侶の方々による大般若転読法要が厳修された。その後、横山照泰一隅を照らす運動総本部長より祝辞が述べられた。
 続いて、馬頭琴の岩尾議員、ウッドベースの山田泰雲師(臨済宗)、ピアノの細川里美師(曹洞宗)の3人で構成された和尚バンドによる演奏が行われた。
 休憩を挟み、馬頭琴奏者Yilana(イラナ)氏による馬頭琴の演奏とオルティンドーの歌唱が行われた。オルティンドーとはモンゴルの民謡で、その歌唱法は世界無形文化遺産にも登録されている。
 参加者はオルティンドーの歌声の大きさに驚きつつも、普段聞き慣れない歌声や馬頭琴の演奏に聞き入っていた。
 最後に、当日集まった浄財が天谷教区本部長から横山総本部長に寄託され大会は幕を閉じた。

兵庫教区一隅を照らす運動推進大会

兵庫教区一隅を照らす運動推進大会

 兵庫教区本部(雲井明善教区本部長)では、平成26年6月19日に兵
庫県多可町の多可町文化会館ベルディーホールを会場に、第45回兵庫教区檀信徒総会並びに一隅を照らす運動推進大会を開催し、檀信徒ら約300名が参加した。
 はじめに、雲井教区本部長御導師のもとに法楽、挨拶があり、続いて、木ノ下寂俊一隅を照らす運動理事長、國岡惠心天台宗議会議員より祝辞が述べられた。
 檀信徒総会の後、推進大会が行われ、まず、一隅を照らす運動実践者3名による実践の発表があり、その後、実践者6名に木ノ下理事長より総本部長賞の表彰が行われた。
 また、兵庫県立歴史博物館学芸課の堀田浩之氏による「黒田官兵衛と姫路・はりまの新時代」と題した講演が行われた。地元兵庫県の歴史をもとにした堀田氏の話に、参加者は熱心に聞き入っていた。

神奈川教区一隅を照らす運動推進大会

神奈川教区一隅を照らす運動推進大会

 神奈川教区本部(溝江光運教区本部長)では、平成26年6月13日に神奈川県秦野市の秦野市文化会館を会場に、神奈川教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、檀信徒約500名が参加した。
 はじめに、溝江光運教区本部長御導師のもと東日本大震災物故者慰霊法要があり、参加者全員で般若心経をお唱えした。
 その後、溝江教区本部長より開会の挨拶、続いて横山照泰一隅を照らす運動総本部長より祝辞があった。また、大会実行副委員長土屋慈恭師より第1世天台座主「修禅大師義真尊者について」と題して一隅法話があった。
 今大会の講演は、神奈川教区大聖院支部長多田孝文師が「意(こころ)ゆたかに」と題して講演された。多田師は「ゆたかとは、強く太く大きくなどの意味があるが、物質をゆたかにするのは有限だが、心をゆたかにする事は無限に出来る。自分の心を磨いてゆたかにし、それを次世代の若者にも指導して欲しい。」と強く語られた。
 最後に、今大会の参加者より多額の浄財が、一隅を照らす運動地球救援事務局へ寄託された。

東京教区一隅を照らす運動推進大会

東京教区一隅を照らす運動推進大会

 一隅を照らす運動東京教区本部(杜多徳雄教区本部長)では、平成26年6月11日に台東区の浅草公会堂で東京教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約1,200名の参加者が集まった。
 第一部では、福聚教会による御詠歌と天台聲明音律研究会による声明、天台雅楽会による和楽器演奏、神田秀順上野輪王寺門跡門主お導師のもと法要が厳かに行われ、読経の声が会場いっぱいに鳴り響いた。
 続いて、神田御門主、杜多教区本部長、武覚超一隅を照らす運動副理事長、横山照泰同運動総本部長よりそれぞれ祝辞があった。
 その後、各支部から推薦された一隅を照らす運動の実践者11名が杜多教区本部長より表彰された。
 第二部では、上田紀行東京工業大学教授による「よき種をまく仏教」と題した講演が行われた。上田氏の冗談を交えた講演に、会場では時折笑いが起こっていた。
 最後に、關口晃成教区副本部長より閉会の挨拶で今大会は幕を閉じた。

東海教区一隅を照らす運動推進大会

東海教区一隅を照らす運動推進大会

東海教区本部(中村廣文教区本部長)では、平成26年6月7日に愛知県名古屋市の名鉄ホールを会場に、東海教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、檀信徒約1000名が参加した。
 はじめに、東海教区仏教青年会の声明講演があり、参加者は聞き入っていた。
 その後、中村廣文教区本部長より開会の挨拶、続いて横山照泰一隅を照らす運動総本部長より祝辞があった。また、永年にわたり一隅を照らす運動を実践してきた会員に総本部長賞が授与された。
 第1部では、京都大学ips細胞研究所顧問阿曽沼慎司氏が「ips細胞の実用化に挑む~現状と課題~」と題して講演された。阿曽沼氏は「ips細胞は万能であるが、それゆえ倫理問題が出てくる。宗教界も深く携わって欲しい。」と語られ、参加者は興味深い様子で聞き入っていた。
 第2部では、延暦寺一山円竜院住職宮本祖豊師が「十二年籠山行~生命を見つめる静の行~」と題して講演され、出家をしてから十二年籠山行までの、壮絶な修行内容を語られた。
 最後に、参加者全員で東日本大震災犠牲者に1分間の黙祷を捧げ、閉会となった。
 今大会では、東海教区本部より100万円の浄財が、一隅を照らす運動地球救援事務局へ寄託された。