たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

平成30年度第1回一隅を照らす運動理事会

平成30年度第1回一隅を照らす運動理事会

 平成30年6月29日、天台宗務庁(滋賀県大津市)において平成30年度第1回「一隅を照らす運動」理事会が開催された。本理事会において、平成29年度一隅を照らす運動の事業報告、各会計の決算等が審議・承認された。
 また、今回の理事会において顧問・役員の改選があり、それぞれ承認・報告された。
 
【顧問】
杉谷 義純師 京都教区 妙法院住職:再任
【理事】
辻井 芳道師 滋賀教区 眞迎寺住職:新任
大澤 貫秀師 埼玉教区 福正寺住職:新任
綾小路乗俊師 群馬教区 常圓寺住職:新任
【監事】
奥村 慶淳師 京都教区 眞正極樂寺住職:再任
清水 英雄師 埼玉教区 泉福寺住職:再任

平成29年度第2回一隅を照らす運動理事会

平成29年度第2回一隅を照らす運動理事会

平成30年1月31日、平成29年度第2回一隅を照らす運動理事会が開催されました。
今回の理事会では、平成29年度の補正予算、平成30年度の事業計画及び予算に加え、本運動発足50周年の記念大会についても議題として話し合われました。

一隅を照らす運動理事会

一隅を照らす運動理事会

 平成29年1月20日、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本)において平成28年度第2回「一隅を照らす運動」理事会が開催され、平成29年度一隅を照らす運動の事業計画、各会計の予算等が審議・承認された。
 会議の冒頭で、大樹孝啓会長より「社会の情勢が変動する中において、一隅を照らす精神を広めることは非常に重要なことである。一隅を照らす運動は、宗内や檀信徒の方々に大きな影響を与えているが、一般的にはまだまだ広まりが少ない。もう少し何か社会的に広まる方法を模索していかなければならない。」と挨拶があった。

一隅を照らす運動理事会

一隅を照らす運動理事会

 平成28年7月5日、天台宗務庁(滋賀県大津市)において平成28年度第1回「一隅を照らす運動」理事会が開催された。本理事会では、平成27年度一隅を照らす運動の事業報告、各会計の決算等が審議・承認された。
 また、今回の理事会において役員の改選があり、副会長に山田俊和師(陸奥教区中尊寺住職:再任)・鳥井信吾氏(サントリーホールディングス株式会社代表取締役副会長:新任)、顧問に東伏見慈晃師(京都教区青蓮院門跡住職:再任)が承認された。

「一隅を照らす運動」理事会を開催

「一隅を照らす運動」理事会を開催

平成28年2月1日、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本)において平成27年度第2回「一隅を照らす運動」理事会が開催され、平成28年度一隅を照らす運動の事業計画、各会計の予算等が審議・承認された。
今回の理事会では、任期満了等による役員改選があり顧問、理事などの新任、再任が承認され、会長であられた森川宏映探題大僧正が、天台座主にご上任になられたので、大樹孝啓探題大僧正(兵庫教区圓教寺住職)が全会一致で推薦され、会長にご就任いただくことになった。
また、テレビでも活躍されている天台宗僧侶、露の団姫師が、天台宗や一隅を照らす運動について精力的に広報活動をしていることが認められ、「一隅を照らす運動」広報大使として委嘱された。

平成27年度第1回一隅を照らす運動理事会を開催

平成27年度第1回一隅を照らす運動理事会を開催

 平成27年6月22日、天台宗務庁(滋賀県大津市)において平成27年度第1回「一隅を照らす運動」理事会が開催された。本理事会では、平成26年度一隅を照らす運動の事業報告、各会計の決算等が審議・承認された。
 また、今回の理事会では、役員改選があり顧問に2名の新任が承認された。

一隅を照らす運動理事会

一隅を照らす運動理事会

 平成27年1月27日、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本)において一隅を照らす運動理事会が開催され、平成27年度の一隅を照らす運動の事業計画や予算が審議され、平成27年度「一隅を照らす運動」通常会計歳入歳出予算ならびに平成27年度「一隅を照らす運動」地球救援事業特別会計歳入歳出予算が承認された。
 会議の冒頭で、森川宏映会長より「災害の中には天災と人災がある。天災と人災の中でも我々の手の届かない災害がある。しかし、いじめや社会問題などは我々が未然に防げるのではないか。それには、一隅を照らす運動の個人会員、団体会員を増やし1人1人が一隅を照らすことが一つの目的ではないか。」と挨拶があった。
 会議の中では顧問・役員の委嘱に関する報告があった。
 また、横山総本部長より昨年11月12日に開催された「一隅を照らす運動」45周年東日本大震災復興祈念大会について、3000名を超す参加者が集まり盛会の内に幕を閉じた報告があり閉会となった。

一隅を照らす運動理事会

一隅を照らす運動理事会

 平成26年6月26日、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本)において平成26年度第1回「一隅を照らす運動」理事会が開催され、平成25年度一隅を照らす運動の事業報告、各会計の決算等が審議・承認されました。
 また、今回の理事会では、任期満了等による役員改選があり会長、顧問、理事などの新任、再任が承認されました。会長には森川宏映師(延暦寺一山真藏院住職)が推薦され、全会一致で承認を受け、引き続きご就任いただくことになりました。

一隅を照らす運動理事会

一隅を照らす運動理事会

 平成26年1月16日、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本)において一隅を照らす運動理事会が開催され、平成26年度の一隅を照らす運動の事業計画や予算を審議し、平成26年度「一隅を照らす運動」通常会計歳入歳出予算金84,600,000円、平成26年度「一隅を照らす運動」地球救援事業特別会計歳入歳出予算金35,200,000円が承認された。
 会議の冒頭では、森川宏映会長から「過日、横山照泰総本部長に一隅を照らす運動の抱負を聞いたところ、即座に団体の会員を増やしたいと答えられた。それぞれの団体は、自らのことで精一杯ということもあり、即座に入会とはいかないかもしれない。しかし、信念と情熱があれば、固い鉄の扉も開くのではないか。その事を頭に置きながら、ご審議をして頂きたい。」と挨拶があった。
 続いて、山田俊和副会長から「発足当時は、物が豊かになったが精神が伴わないところから始まったと聞いている。時代の移り変わりがあるが、特に東日本大震災の復興の中で我々が果たしていける役目があるのかという点を加味しながら努力していきたい」と挨拶があった。
 また、理事会開催前に平成25年11月18日から12月17日の間に全支部へ呼びかけていた、平成25年11月台風30号義援金の合計8,675,288円のうち2,000,000円を森川宏映会長より認定特定非営利活動法人アムダ代表菅波茂氏へ寄託した。
 菅波代表は、「物の見方や考え方が違う人達が、どうしたら一緒にやっていけるのかという疑問が全ての始まりでした。行き着いた答えは、被災者と同じように苦労をともにすることによって、そこで生じる尊敬と信頼の念があればやっていける。その困った時はお互いさま、という相互扶助の気持ちを大事にしながら活動している。」とアムダの紹介をされた。

 
 今回の理事会で、就任された顧問・理事長・専務理事・理事・監事は次の通り。
【顧問】
 京都教区三千院住職・堀澤祖門師
 東京教区圓融寺住職・阿純孝師
 神奈川教区圓満寺住職・西郊良光師

【理事長】
 宗務総長・木ノ下寂俊師
 
【専務理事】
 参務一隅を照らす運動総本部長・横山照泰師 


【理事】
 参務財務部長・田中祥順師
 参務教学部長・中島有淳師
 参務社会部長・角本尚雄師

【監事】
 陸奥教区大長壽院住職・菅原光中師

一隅を照らす運動臨時理事会を開催

一隅を照らす運動臨時理事会を開催

平成25年9月12日、天台宗務庁(滋賀県大津市坂本)において一隅を照らす運動臨時理事会が開催された。
この臨時理事会で、会長に延暦寺一山真藏院住職森川宏映探題大僧正、副会長に陸奥教区中尊寺住職山田俊和師、副会長に法灯護持会会長・京阪電気鉄道株式会社最高顧問佐藤茂雄氏が委嘱された。
また、福惠善高専務理事より、平成25年度現在の事業報告と平成26年に迎える「一隅を照らす運動」45周年大会についての報告があった。