たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

東京教区一隅を照らす運動推進大会

東京教区一隅を照らす運動推進大会

 令和元年6月14日、東京教区本部(杜多徳雄教区本部長)では、東京都台東区の浅草公会堂を会場に第49回一隅を照らす運動東京大会を開催し、1000名の参加者が集まった。
 第1部では、叡山講福聚教会東京地方本部による和讃詠唱の中、式衆が入場し上野輪王寺門跡・寛永寺住職神田秀順御門主の名代として寛永寺長臈浦井正明大僧正ご導師のもと法要が厳修され、ご挨拶がなされた。法要後、天台聲明音律研究会並びに天台雅楽会による聲明と雅楽がなされた。次に杜多徳雄教区本部長より挨拶、杜多道雄天台宗宗務総長、小堀光實比叡山延暦寺執行、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より来賓挨拶、杜多教区本部長より表彰状の授与がなされた。
 第2部では、一隅を照らす運動広報大使露の団姫師を講師に「仏教落語 仏はきみをほっとけない」並びに「一隅を照らす~自分の持ち場で一生懸命~」と題した落語・講演があり大会は終了した。

兵庫教区一隅を照らす運動推進大会

兵庫教区一隅を照らす運動推進大会

 令和元年6月12日、兵庫教区本部(荒樋勝善教区本部長)では、兵庫県篠山市のユニトピアささやまを会場に一隅を照らす運動発足50周年記念兵庫大会を開催し、約300名の参加者が集まった。
 はじめに、荒樋教区本部長を導師に法楽が厳修された。法楽後、野花敏郎檀信徒会会長、荒樋教区本部長、杜多道雄天台宗宗務総長、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より挨拶、祝辞が述べられた。
 講演では、延暦寺一山伊崎寺御住職上原行照阿闍梨を講師に「行」と題した講演が行われた。上原師は千日回峰行を御自身の体験を交え紹介され、千日回峰行は周りの支えてくれる人がどれだけ大切かを気づかせてもらう行だと話された。最後に上原師より参加者全員に御加持がなされ大会は終了した。

東海教区一隅を照らす運動推進大会

東海教区一隅を照らす運動推進大会

 令和元年6月1日、東海教区本部(柴田真成教区本部長)では、に愛知県名古屋市の日泰寺を会場に令和元年度東海教区本部一隅を照らす運動推進大会を開催し、120名が来場された。
 第1部では、檀信徒総会が行われ、柴田真成教区本部長導師のもと法楽が行われ、深谷英治教区檀信徒会長より挨拶があった。檀信徒総会の議事終了後、名古屋大学名誉教授・中部大学非常勤講師吉田松年氏による「免疫力とがん-いつまでも元気で-」と題した講演が行われた。
 第2部では、推進大会が開催され、はじめに柴田教区本部長より挨拶、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長、村上圓竜教区宗議会議員より祝辞が述べられた。続いて、岩尾照尚北陸教区宗議会議員並びにモンゴル国女性馬頭琴奏者イラナ氏によるコラボコンサートがなされた。モンゴルの草原が浮かぶ演奏と植林活動の放映に参加者一同感動されていた。
 最後に叡山流御詠歌「比叡山佛道鑽仰和讃」を参加者全員でお唱えし終了した。

栃木教区一隅を照らす運動のつどい

栃木教区一隅を照らす運動のつどい

栃木教区本部(源田俊昭教区本部長)では、令和元年5月31日に栃木県日光市の「觀音寺」を会場に、第五回一隅を照らす運動のつどいを開催し、約300名の一般参加者が集まった。
はじめに源田本部長を導師に法楽が執り行われた。法楽に引き続き主催者の源田俊昭教区本部長・觀音寺住職千田孝明師から挨拶があり、その後来賓の日光山輪王寺小暮道樹御門主・杜多道雄天台宗宗務総長・森定慈仁一隅総本部長より祝辞が述べられた。
講演会の部では、はじめに露の団姫師による仏教落語が披露され会場は笑いに包まれた。
引き続き延暦寺一山円竜院御住職宮本祖豊師を講師に「比叡山の修行」と題した講演が行われた。宮本師は伝教大師の教えを受け継いだ数々の修行は、「一隅を照らす」人材の育成を理想としているとし、一隅を照らせる人が千人万人増えることで世界を平和にすることができるという伝教大師の思いを参加者に伝えると、宮本師の一言一句に頷きながら目頭を押さえる参加者の姿も見られた。
休憩をはさみ、「古田佳子&舞琉華瑠」による和楽器と二胡で奏でるミニコンサートが披露され、講演会の部は、笑いあり涙あり癒やしありの穏やかな時間が流れた。
栃木教区では、一般の方々に一隅を照らす運動の精神に触れていただくために、新聞広告・チラシ等で参加を呼びかけ、今回は特に地元の商店街(日光表参道鉢石会)の協力を得て、教区住職・仏教青年会・寺庭婦人会・保育連盟等が力を合わせて取り組んだ運動発足50周年の一隅のつどいは、大盛況のうちに幕を閉じた。

一隅を照らす運動発足50周年記念特別公開講座

一隅を照らす運動発足50周年記念特別公開講座

一隅を照らす運動総本部」ではこの度、青山学院大学体育会陸上競技部長距離ブロック監督の原晋氏を講師にお迎えして「一隅を照らす運動発足50周年記念特別公開講座」を開催いたします。

参加を希望される場合は、参加者申込フォームまたは申込用紙に必要事項を明記の上、FAXまたは郵送にてお申し込みください。

なお、定員になり次第締め切らせていただきます。 関連リンク:「一隅を照らす運動」発足50周年記念 特別公開講座のお知らせ

南総教区一隅を照らす運動推進大会

南総教区一隅を照らす運動推進大会

 令和元年5月16日、南総教区本部(髙橋隆叡教区本部長)では、滋賀県大津市の延暦寺会館を会場に一隅を照らす運動発足50周年記念第十八回南総を開催し、230名の参加者が集まった。
 はじめに、宗歌斉唱がなされ、髙橋教区本部長を導師に法楽が厳修された。法楽後、南総教区寺庭婦人会並びに南総本部福聚教会による御詠歌の奉詠があった。次に、髙橋教区本部長並びに鈴木恒夫教区檀信徒連合会会長、杜多道雄天台宗宗務総長、小堀光實延暦寺執行、細野舜海天台宗宗議会議員、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より挨拶、祝辞が述べられた。続いて、森定一隅を照らす運動総本部長より南総教区檀信徒連合会会長を歴任され、各寺院檀信徒会をまとめ一隅を照らす運動の推進及び実践されるとともに、教区諸行事に尽力された稲垣弘氏に表彰状が授与された。最後に森定一隅を照らす運動総本部長に募金が寄託された後、大会スローガンを参加者一同で唱えた。
 休憩後に延暦寺一山円竜院御住職宮本祖豊師を講師に「比叡山の修行~仏を見るとは~」と題した講演が行われた。宮本師は伝教大師の教えを受け継いだ数々の修行を、御自身の体験を交え紹介された。また、十二年籠山は「一隅を照らす」人材の育成を理想としているとし、「千里万里を照らす人が一人現れるのではなく、一隅を照らせる人が千人、万人増えることで世界を平和にすることができる」という伝教大師の思いを参加者に伝えた。

神奈川教区一隅を照らす運動推進大会

神奈川教区一隅を照らす運動推進大会

 令和元年5月9日、神奈川教区本部(榎本昇道教区本部長)では、神奈川県横浜市のロイヤルホールヨコハマを会場に天台宗一隅を照らす運動発足五十周年記念神奈川横浜大会を開催し、350名の参加者が集まった。
 第一部では榎本教区本部長導師のもと法要が厳修された。次に榎本教区本部長並びに森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より挨拶がなされた。最後に榎本教区本部長より森定一隅を照らす運動総本部長並びに神奈川県社会福祉協議会に募金目録がの寄託され、神奈川県社会福祉協議会より榎本教区本部長へ感謝状が贈呈された。
 第二部では延暦寺一山伊崎寺御住職上原行照阿闍梨を講師に「行と一隅を照らす」と題した講演が行われた。上原師は千日回峰行を通して御自身が経験されたこと、伝教大師が残された「忘己利他」の精神について話された。最後に上原師より参加者全員に御加持がなされ大会は終了した。

近畿教区一隅を照らす運動推進大会

近畿教区一隅を照らす運動推進大会

 平成31年4月6日、近畿教区本部(兼平明觀教区本部長)では、大阪府泉南郡の興善寺を会場に春会式一隅を照らす運動50周年記念大会を開催し、90名の参加者が集まった。
 はじめに大般若転読会が厳修された。
 講演では、上方講談協会会長旭堂南左衛門師、またそのお弟子さんにあたる旭堂南舟師並びに旭堂左山師による講談がなされた。心温まる講談を聞くことができ、参加者一同参加して良かったと喜んでいた。

修験道法流一隅を照らす運動推進大会

修験道法流一隅を照らす運動推進大会

 修験道法流(叡南覚照管領)では、令和元年5月19日に比叡山上の延暦寺会館を会場に、修験道法流一隅を照らす運動推進大会を開催、約100名の参加者が集まった。
 午前、大会は延暦寺会館「瑞峰の間」にて開会した。はじめに森定慈仁一隅を照らす運動総本部長が法話を行い、「一隅を照らす運動」発足50周年を契機として運動の目指すべき「道心ある人材の育成」、伝教大師最澄様の想いを語り、今日に繋がる運動の歴史を紐解きつつ、現在の活動を紹介した。
 また、5月20日に刊行したしょうぐうさん絵本「おしえてしょうぐうさん~いのちのはなし~」の内容に触れ「是非とも各ご家庭で読み聞かせを通して家族の語らいの場をつくっていただきたい。その中で、次世代を担う子どもたちに、いのちの大切さ、お大師さまの想いを伝えていただきたい」と話された。
 昼食を挟み、午後からは天台修験道採灯護摩供が修法され、多くの方が参拝する中、大会は終了した。

埼玉教区一隅を照らす運動推進大会

埼玉教区一隅を照らす運動推進大会

 平成31年4月16日、埼玉教区本部(木本清玄教区本部長)では、ウェスタ川越大ホールを会場に「一隅を照らす運動発足50周年記念」第53回天台宗埼玉教区一隅を照らす運動推進大会を開催し、約1000名の参加者が集まった。
 開会に先立ち、和太鼓と天台声明、雅楽が披露され聴衆が魅了される中にて開会の辞が述べられた。第1部では、天台宗宗歌、献供式、つぎに木本教区本部長を導師に法楽が執り行われた。続いて、比叡山佛道讃仰和讃を叡山講福聚教会埼玉地方本部が奉詠した。式典では、はじめに主催者の挨拶として木本教区本部長、栗原敬一教区檀信徒会会長の両名より挨拶があった。つぎに篤行者の表彰が行われ、総本部長賞6名、教区本部長賞5名がそれぞれ表彰された。第1部の最後では、来賓の祝辞として寺本亮洞天台宗参務総務部長、小堀光實延暦寺執行、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長、川合善明川越市長より挨拶があった。
 第2部では、天台宗宗機顧問千妙寺住職阿純孝師を講師に迎え「ちょっとだけ仏さま」と題して講演が行われた。阿師は演題である「ちょっとだけ仏さま」の真意について、私たちが立ち止まったり、悩んだりした時に「仏さまならどうされるだろうか」と考え、行動することで、伝教大師が残された「忘己利他」の精神に沿うことができる。これが「ちょっとだけ仏さま」であると語られた。
 第3部では、林家たい平師を講師に迎え「笑顔のもとに笑顔が集まる」と題して講演が行われた。たい平師は、講演の中で自身の修業時代のエピソードに触れ、真心を込めて取り組めば、必ず人に伝わる。真心が一人の笑顔を生み、さらに笑顔になったその人が、幾人かの笑顔を生んでいく。そうやって幸せが多くの人に広がっていくのだと感じられ、どんなことでも一生懸命に努めることの大切さを語られた。
 大会の最後には、慈愛募金贈呈として教区本部より同運動総本部並びに川越市に目録が寄託された。