たすけあい共に輝く命がある 天台宗 一隅を照らす運動 The Light Up a Corner of the World Activities

一隅を照らす運動ニュース

第18回一隅を照らす運動公開講座

第18回一隅を照らす運動公開講座

 一隅を照らす運動総本部では平成30年10月30日、天台宗務庁大会議室を会場に第18回一隅を照らす運動公開講座を開催した。広く一般の方々に参加を呼びかけ、約300名の参加者が集まった。
 昨年に引き続き、司会進行を一隅を照らす運動広報大使の露の団姫師が務めた。講師には、曹洞宗円通山普門寺副住職の髙橋悦堂師を迎え「我を捨て、我を生きる」と題して講演が行われた。
 髙橋師は宮城県栗原市の出身、東日本大震災発生の際には、自身も被災経験を持たれている。災害発生直後には宗派の壁を越え、被害の大きかった沿岸部での支援活動に参加されている。支援の中で、被災された人々の悲しみを目の当たりにするも、その途方もない痛切さに「自分の心が受けとめきれず、何も感じない自分がいた」と語られた。その支援活動の最中、故岡部医師と出会い「なぜ人が臨終を迎える際、宗教者がそばにいないのか。そういった場でこそ宗教者がいるべきである」との彼の言葉に気付きを得て、最後を迎える人に寄り添う臨床宗教師として歩む覚悟をされた。
 その後、師事する岡部医師が病気により余命わずかとなり、髙橋師に自身の最後を看取るよう願い、それを最後の教えとされました。その経験を糧として臨床宗教師として活動をされる中で感じた「私に何ができるのかとどれだけ苦悩しようとも、命は生まれた所に帰っていくのみである。私はただそれを自然に任せ、全てを受け入れ寄り添うのみである」と講演の終わりに語られた。
 講演終了後には、露の団姫師進行のもと、質疑の時間が設けられ、参加者から臨床宗教師としての活動に対する疑問などが寄せられ髙橋師は丁寧に答えており、参加者一同充実した面持ちであった。
 また会場では、参加された方々に地球救援募金の協力が呼びかけられており、多くの浄財が寄せられていた。

岡山教区一隅を照らす運動推進大会

岡山教区一隅を照らす運動推進大会

 岡山教区本部(永宗幸信教区本部長)では、平成30年10月26日に倉敷市の倉敷市民会館を会場に一隅を照らす運動50周年記念第11回天台宗岡山大会を開催し、約1100名の参加者が集まった。
 はじめに、世界恒久平和祈願法要が執り行われた。修験道法流による法螺の音とともに幕があがると玄清法流による琵琶が奏でられ、その中を式衆が入場。一隅を照らす運動副会長・中尊寺貫首山田俊和師が大導師を勤められ法要が厳修された。法要後には、天台宗議会議員栢木寛照師より、今回の法要に出仕された伝承法流の解説があり、天台宗の成り立ちに深くかかわる各法流の重要性を話された。
 つぎに式典があり、主催者を代表して大会実行委員長の永宗教区本部長より挨拶があった。続いて、来賓を代表して同運動副会長山田俊和師、同運動副理事長・延暦寺執行小堀光實師より挨拶があり、その後、来賓紹介、教区表彰の授与式が行われた。
 休憩を挟み、教区内の敬愛幼稚園・第二敬愛幼稚園の園児による園児詠唱、叡山福聚教会岡山地方本部・山陽地方本部会員による詠舞奉納があり、続いて教区内の慈愛幼稚園・敬親幼稚園・敬親かもがた保育園の園児120名による「しょうぐうさん体操」が披露された。
 その後、漫才師の宮川花子氏を講師に迎えて「花子のいきいきライフ」と題して記念講演が行われた。
最後に、大会事務局長の村上行英師から閉会の挨拶があり、大会は閉幕となった。

滋賀教区一隅を照らす運動推進大会

滋賀教区一隅を照らす運動推進大会

 滋賀教区本部(山岡智恢教区本部長)では、平成30年10月27日に滋賀県甲賀市のあいこうか市民ホールを会場に、平成30年度一隅を照らす運動発足50周年記念第22回「一隅を照らす運動」滋賀教区本部推進大会を開催し、434名の参加者が集まった。
 はじめに、はじめに山岡智恢教区本部長導師のもと法楽が厳修された。法楽後、山岡教区本部長より挨拶、杜多道雄天台宗宗務総長より支部活動助成金認定書の交付がなされた。続いて、杜多天台宗宗務総長・森定慈仁一隅を照らす運動総本部長の祝辞、来賓紹介があった。
 休憩後、善光寺大勧進副住職栢木寛照師を講師に「根本を見る」と題した講演があり、参加者一同、時折笑いつつも貴重なお話に耳をかたむけていた。
 次に、滋賀県立甲西高等学校吹奏楽部による吹奏楽の演奏がなされた。大迫力の演奏に参加者は盛り上がっていた。
 最後に、森定同運動総本部長へ浄財の寄託が行われた。この募金は、地球救援募金として様々な団体を通じて、支援先に届けられる。

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

 陸奥教区本部(千葉亮賢教区本部長)では、平成30年10月21日に宮城県仙台市の仙台迎賓館「斎苑」を会場に、平成30年度一隅を照らす運動陸奥教区本部一隅を照らす運動発足50周年記念仙台大会を開催し、約600名の参加者が集まった。
 第1部は、山田俊和中尊寺貫首の挨拶、天台宗務庁宗務総長代理林光俊社会部長・森定慈仁一隅を照らす運動総本部長より祝辞が述べられ、来賓紹介がなされた。次に千葉亮賢教区本部長導師のもと、「一隅を照らす運動発足50周年並び震災物故者慰霊復興祈願」法要が厳修された。
 第2部では、藤波源信北嶺大行満大阿闍梨を講師に「日常生活と仏道修行」と題した講演があり、参加者一同、貴重なお話に聞き入っていた。
 第3部では、青森県石黒市津軽三味線渋谷幸平氏による三味線での演奏があった。
 最後に、最後に、森定同運動総本部長へ陸奥教区本部より募金の寄託が行われた。この募金は、地球救援募金として様々な団体を通じて、支援先に届けられる。

東海教区第8部一隅を照らす運動推進大会

東海教区第8部一隅を照らす運動推進大会

 東海教区本部(柴田真成教区本部長)では、平成30年10月21日に静岡県周智郡森町の蓮増院を会場に、天台宗東海教区八部第58回一隅を照らす運動檀信徒会を開催し、約50名の参加者が集まった。
 式典のはじめに会場寺院である東海教区蓮増院住職高木光基師から開会の挨拶があり、続いて髙木師を導師に法楽が執り行われた。法楽の後、来賓挨拶として、天台宗宗務総長代理教学部長森田源真師、東海教区宗務所長代理副所長辻亮公師、同教区本部一隅を照らす運動事務局長安藤誠亮師が祝辞を述べられた。
 式典の後、公演として馬頭琴奏者イラナ氏、北陸教区翠雲寺住職岩尾照尚師による演奏会が行われた。公演の後、昼食を挟み、第8部檀信徒会があり、大会の全日程は終了した。

京都教区一隅を照らす運動推進大会

京都教区一隅を照らす運動推進大会

 京都教区本部(若林節哉教区本部長)では、平成30年10月18日に京都市左京区の眞正極樂寺真如堂を会場に、伝教大師降誕会一隅大会を開催し、約150名の参加者が集まった。
 午前10時より眞如堂本堂において伝教大師降誕会法要として、参加者全員にて伝教大師和讃を奉読し、引き続いて写経会を開催した。昼食後、一隅大会が開会し、はじめに来賓より挨拶があった。その後、公演として和太鼓集団バチホリックによる、太鼓演奏が奉納された。続いて、東京教区龍泉寺住職齊藤圓眞師を講師に「伝教大師の目指された道」と題して講演が行われた。齊藤師は、伝教大師の志しについて分かりやすく、特に伝教大師が遺された「忘己利他」の言葉に触れ、参加者の身近な経験を思い起こさせながら語られた。最後に、檀信徒代表から謝辞が述べられ、大会は閉会となった。

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

陸奥教区一隅を照らす運動推進大会

 陸奥教区本部(千葉亮賢教区本部長)では、平成30年9月9日に西磐井郡平泉町の毛越寺を会場に、天台宗陸奥教区第2部檀信徒会ミニ一隅会、東日本大震災慰霊復興支援写経会を開催し、約50名の参加者が集まった。
 はじめに東日本大震災物故者追悼慰霊法要が一隅を照らす運動陸奥教区本部理事長の四竈亮澄師を導師に執り行われた。
 また、「一隅を照らす運動50周年記念仙台大会」と題して、四竈亮澄師より講話が行われた。講話の中で、一隅を照らす運動の意義・活動を解りやすく話され、会員一同は「忘己利他の心」を忘れず、一日一生のおもいで、多くの人々と苦楽を共に精一杯生き抜くことを誓う機会となっていた。
 さらに、本年10月に開催される「一隅を照らす運動50周年記念仙台大会」の話しでは、「日常生活と仏道修行」と題して講演をされる北嶺大行満大阿闍梨の藤波源信師を紹介、千日回峰行の過酷な体験談を聴けるとあって、会員一同は講演の日を待ちきれない様子であった。
 写経は「延命十句観音経」を書写し、毛越寺法務部次長藤里侑生師より写経の意義、所作、功徳を学び、震災復興を祈念し、一字一字丁寧に心を込めて書写されていた。
 東日本大震災より8年目となるが容易に復興は進んでいない上に、西日本豪雨、台風21号被害、北海道胆振東部地震と災害が続いている。本会を終えて、大勢の会員から「あらゆる災害に対して今後とも教区・一隅・菩提寺の行事を通じて物心両面の支援を行い、早期復興を願うこと、互いに日頃から防災の意識を持つことが大切である」との声が寄せられた。

福島教区一隅を照らす運動推進大会

福島教区一隅を照らす運動推進大会

 福島教区本部(故矢島義謙教区本部長)では、平成30年7月21日に郡山市のあおき郡山斎苑を会場に、平成30年度天台宗福島教区檀信徒会総会並びに一隅を照らす運動推進福島大会を開催し、約250名の参加者が集まった。
 はじめに檀信徒会総会が行われ、続いて休憩を挟み、一隅を照らす運動推進大会が開催された。講演では、京都教区妙法院住職杉谷義純師を講師に迎えて「他者と生きるよろこび-一隅を照らす-」と題して行われた。杉谷師は、「人間関係が希薄になり他者に対する無関心が増える現代において、一隅を照らす運動を通じて他者との関係を再構築し、共に生きるよろこびを感じられる社会の実現を目指すことが求められる」と語られた。

東京教区一隅を照らす運動推進大会

東京教区一隅を照らす運動推進大会

 東京教区本部(杜多徳雄教区本部長)では、平成30年6月18日に浅草公会堂を会場に、第48回一隅を照らす運動東京大会を開催し、約1000名の参加者が集まった。
 第1部では、輪王寺門跡・寛永寺住職神田秀順大僧正を導師に法要が執り行われた後、神田大僧正の挨拶、杜多教区本部長の挨拶があった。
 その後、来賓の挨拶があり、続いて教区本部の表彰状授与式が行われた。
 第2部では、アルピニスト野口健氏を講師に迎え、「富士山から日本をかえる」と題して講演が行われた。
 最後に、關口教区副本部長より閉会の辞が述べられ閉会した。

第17回「心のつどいin比叡山」

第17回「心のつどいin比叡山」

 第17回「心のつどいin比叡山」(一隅を照らす運動総本部主催)を比叡山延暦寺会館で開催。7月20日、21日の1泊2日の日程で、一般公募で集まった男女35名が参加した。
 1日目のはじめに、森定慈仁一隅を照らす運動総本部長、今出川行戒延暦寺参拝部長から挨拶を頂戴し、続いて日程説明や延暦寺会館での注意事項等の説明があり、研修会がはじまった。
 最初に諸堂参拝として「根本中堂」「浄土院」「釈迦堂」を巡拝した。比叡山延暦寺では、大法会の特別記念事業として60年ぶりとなる総本堂根本中堂の改修事業を行なっている。根本中堂では、完成したばかりの修学スペースに登り、屋根と同じ高さから迫力あるお堂の様子を見学することができた。
 夕食の後、『法華経』の写経に取り組んだ。参加者はみな、静寂な空気の中、集中して1文字1文字を丁寧に書き上げていた。
 つぎに座談会が、6つのグループに分かれて開催された。長道圓俊師(同運動企画運営委員)や総本部職員も話しの輪に加わり、お互いの考えや想いを語り合い1日目の日程は終了した。
 2日目は、早朝五時半より根本中堂にて坐禅止観、朝のおつとめに参加した。早朝の清らかな空気が漂う中、参加者は緊張感を持って臨んでいた。その後、大書院での作務(清掃奉仕)を行った。
 朝食の後、延暦寺一山円竜院住職の宮本祖豊師を講師に迎え、「比叡山の修行」と題した講演が行われた。宮本師は講演の中で伝教大師のみ教えに触れるとともに、自身が経験した十二年籠山行について語られた。その過酷な内容もさることながら、修行を通して感じた、感謝することの大切さを参加者に熱く語られていた。
 研修会を終えた参加者から「初めて参加させていただきました。大変有意義な2日間を過ごすことができ感激いたしました」、「様々な思いを持つ参加者が集い、和やかな雰囲気で研修会が営まれたので大変良かったです」と感想を述べていた。